調査リポート
» 2011年12月27日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「SMBの販売管理」シェア(2011年度)

2011年8月時点のSMB(年商500億円未満の国内中堅・中小企業)の販売管理システムの導入シェアをお届けします!トップベンダーは?

[キーマンズネット]

 ノークリサーチの調べによれば、2011年8月時点のSMB(年商500億円未満の国内中堅・中小企業)の販売管理システム市場で、製品・サービスの運用形態を、導入済みと新規導入予定とで比較すると、パッケージの採用が増え、独自開発システムが減るといった「パッケージ化」への流れが依然として続いている。

 ただし、パッケージの運用体制に関する意向を比較すると、「社内人員にて運用」とする比率が高くなっている。販売管理のデータは営業部門やマーケティング部門、サポート部門といった多くの部門がさまざまな目的で活用することが多い。そうした自社内でのデータ活用ニーズを踏まえて、自社内運用を選択する場合があるものと推測されている。

 同様に端末環境を比較すると、スマートフォンが1.4%から9.5%へ大きく増加している。営業担当者が社外で見積の作成や確認を行うなど、業務のリアルタイム性を重視した取り組みが今後進む可能性がある。

 2011年8月時点の市場占有率(導入社数ベース)を見ると、「商奉行」(21/iシリーズ)を提供するOBCが12.2%を獲得し1位であった。「弥生販売」の弥生は9.6%で2位と続く。全体としては「その他のパッケージ製品またはサービス」の割合がやや上昇しており、シェア上位の製品・サービスを除いた中では分散化が進んでいる状況といえる。

「SMBの販売管理」シェア(2011年度) (出典:ノークリサーチ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。