調査リポート
» 2011年11月29日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「国内PaaS/IaaS」シェア(20010年度)

2010年度、売上金額が280億円と、前年より3倍増と大きく拡大した「国内PaaS/IaaS」。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2010年度の国内PaaS/IaaS市場は、同年度より本格的に参入するベンダーが増えたことから、売上金額は280億円と、前年より3倍増と大きく拡大した。2011年度の同市場は前年比で倍増とさらに拡大すると予測されている。

 2010年度の市場占有率(金額ベース)を見ると、2009年度にトップに位置していたセールスフォース・ドットコム、そして同率2位の日本IBMとアマゾンデータサービスジャパンもそれぞれ2010年度も売り上げを大きく伸ばしたが、2010年度より遅れて市場参入した富士通が2位以降の倍以上の売り上げを達成し、シェアも2倍強の17.9%を獲得してトップの座に位置した。富士通は、サービスメニューの豊富さから、海外展開している大手既存ユーザーを中心に急速に導入が進んだことが、その要因となっている。2位の日本IBMは8.6%、3位のアマゾンデータサービスジャパンは7.1%であった。

 2010年度までは国内ユーザー企業のPaaS/IaaSの利用はバックオフィス系が多かったが、2011年度以降、ビジネスの最前線の用途で活用している企業が増加している。つまり、ビジネス価値の高い用途においてPaaS/IaaSが浸透しつつあり、今後、このような用途がますます加速するとみられている。

「国内PaaS/IaaS」シェア(20010年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。