調査リポート
» 2011年10月11日 10時00分 公開

「国内x86サーバ」シェア(2010年度)シェア情報アーカイブ

2010年度の「国内x86サーバ」市場でオープンチャネル向けは、全出荷台数の何割? シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2010年度の国内x86サーバ市場は、商品流通ルートを「ベンダーダイレクト出荷」、「関連会社向け出荷」、「オープンチャネル向け出荷」に区分した場合、オープンチャネル向けに出荷された台数が22万9000台で、全出荷台数の4割強を占めた。

 2010年度の市場占有率(オープンチャネル向け、出荷台数ベース)を見ると、大手ディストリビュータで主として扱う製品の地位を固めているヒューレット・パッカードが39.7%を獲得し1位であった。2位には20.6%でNECが続く。3位のIBMは17.1%だった。

 2010年のオープンチャネル向け出荷台数は、ダイワボウ情報システム、ソフトバンクBB、大塚商会の大手ディストリビュータ3社が65%を占めた。3社はそれぞれ独自のビジネスモデルを展開しているが、複数のサーバベンダー製品と他のハードウェアやソフトウェア製品を幅広く取り扱っていることが特長で、多くのオープンチャネルがサーバベンダーからの直接購入より、ワンストップ購入や幅広い購入選択が可能な大手ディストリビュータからの購入に切り替えてきたことが、取り扱い比率増加につながったと考えられる。

 オープンチャネルはそれぞれに特長的なビジネスモデルと販売チャネルを持っていて、サーバベンダーにとってオープンチャネル市場の理解を深めることは、今後の市場戦略において重要なポイントとなる。

「国内x86サーバ」シェア(2010年度) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。