調査リポート
» 2011年08月23日 10時00分 公開

「スマートフォン」シェア(20010年度)シェア情報アーカイブ

2010年度、個人と法人の合計数量が705万台となった「スマートフォン」。勢いが止まらない同製品のシェア情報、お見逃しなく!

[キーマンズネット]

 富士キメラ総研の調べによれば、2010年度のスマートフォン市場は、個人と法人の合計で、数量が705万台、金額が3140億円であった。2009年度まではiOS搭載の「iPhone」がほぼ当該市場を独占している状況であったが、2010年4月にAndroid搭載機「Xperia」の発売が契機となり、2010年度にスマートフォン市場全体が大きく伸びている。

 2010年度の市場占有率(数量ベース)を見ると、「iPhone」を提供するベンダーが35.5%を獲得し1位であった。同製品は買い替え需要が堅調で、乗り換えがほとんど見られないことから、出荷台数は今後も増加傾向にあるとみられる。2位のベンダーは、2011年にスマートフォンラインアップを大幅に増加させる方針で、出荷台数ではシェアトップになる見込みである。

 現状のスマートフォンはデータ端末としての側面が強いが、一方では音声通話とメール程度で十分というユーザーも相当数いると考えられ、電話機として最低限の機能に絞ったスマートフォンも徐々に登場してくると考えられる。2011年度にはスマートフォンでもLTE(3.9G)対応端末が登場する見込みである。WiMAXは2012年度以降に次世代規格IEEE 802.16mの対応が見込まれる。

 2010年度までは約80%がフィーチャーフォンであったが、2011年度はスマートフォンが逆転する見通しである。2013年度以降はさらにスマートフォンの勢いが加速して2014〜2015年度には数%が残るのみと考えられる。

「スマートフォン」シェア(20010年度) (出典:富士キメラ総研)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。