調査リポート
» 2011年08月02日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「ETLパッケージ」シェア(2010年度)

2010年度、前年対比7.4%増の66.6億円であった「ETLパッケージ」。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 ミック経済研究所の調べによれば、2010年度のETLパッケージの市場規模は、前年対比7.4%増の66.6億円であった。各種の業務システムからデータを収集し、活用に適した形に変換、配布するというETLのニーズは安定しており、市場は好調に推移すると見込まれ、2011年度も出荷金額72.7億円、前年対比9.2%と好調に推移することが予測されている。

 2010年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、日本IBMが25億円で37.5%を獲得し1位になった。同社製品「InfoSphere DataStage」は、2008年9月に「WebSphere DataStage」から名称を変更し、情報活用を実現する中核製品として「InfoSphere」の製品群の中に入った。ブランド移行に伴いパートナー制度を見直し、その効果が表れてパートナー販売が拡大している。金融業・通信業では引き続き情報活用ニーズが高いことから、2011年度も好調を維持すると予測される。

 日本IBMとともに、シェアを二分する2位のインフォマティカ・ジャパンは、20.5億円、30.8%と続いている。パブリッククラウド上や企業内システムなどにデータが散在することで、データ統合などの必要性が高まり、あらためて同社製品の「PowerCenter」の普及が進むと同社は予測しているが、現時点では大きな動きは見られない。現在、同社はMDM製品「Informatica MDM」を積極的に展開しているため、パートナーやユーザーに対して新しい製品と「PowerCenter」を組み合わせた提案を行っている。

「ETLパッケージ」シェア(2010年度) (出典:ミック経済研究所)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。