調査リポート
» 2011年03月29日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「サーバ仮想化ソリューション」シェア(2009年度)

2009年度、市場占有率88.7%を占め1位を獲得しているサーバ仮想化ソリューションとは。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 ミック経済研究所の調べによれば、サーバ仮想化ソリューション市場は、「VMware」のシェアが圧倒的である。機能、信頼性、実績、認知度ともに非常に高く、サーバ仮想化ソフトウェアの代名詞となっている。

 2009年度のVMwareの市場規模は、1536億円で前年度比37.1%増、市場占有率は88.7%のシェアを占め1位を獲得している。しかし後発製品の市場浸透に伴い、徐々にシェアは低下し、2010年度は1915億円、前年度比24.7%増と見込まれる。

 後発製品の中で特に注目されているマイクロソフトの「Hyper-V」の市場規模は、2009年度が79.8億円で前年度比538.4%増と急激に拡大し、4.6%のシェアを獲得して2位に入った。2009年にリリースされた「Windows Server 2008 R2」に、仮想化機能を拡充した「Hyper-V2.0」を標準搭載したことが要因とみられる。

 2010年度も売り上げはさらに大きく伸び、市場規模は205億円で前年度比156.9%増となり、サーバ仮想化ソリューション市場におけるシェアは8.9%にまで高まると見込まれている。

 1.4%で4位に入った「XenServer」の市場規模は、2009年度が25億円、前年度比56.3%増で、2010年度も42.5億円、前年度比70.0%増と好調に推移するものと見込まれる。

「サーバ仮想化ソリューション」シェア(2009年度) (出典:ミック経済研究所)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。