調査リポート
» 2010年10月19日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「PaaS/IaaS市場」シェア(2009年度)

2009年度の売上金額が116.5億円と、前年より倍増した「国内PaaS/IaaS」市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2009年度の国内PaaS/IaaS(Platform as a Service/Infrastructure as a Service)市場の売上金額は116.5億円と、前年より倍増した。2009年度後半から参入ベンダーが急増していることに加え、2010年度より本格的に市場参入するベンダーも多いことから、2010年度は前年比で約2.5倍とさらなる拡大が予測されている。

 2009年度の市場占有率(金額ベース)を見ると、NTTコミュニケーションズが堅調に売り上げを伸ばし、34.4%のシェアを獲得して1位となった。SaaS市場の草分け的ベンダーであるセールスフォース・ドットコムは10.3%を獲得。PaaS/IaaS市場でも健闘して2位に入った。3位には8.6%でIBMが続いている。IBMはパブリック型のサービスメニューの拡充を進めつつあり、2010年度にはさらにシェアを拡大するとみられている。

 IaaSは、仮想サーバやサーバOSなどのITインフラを提供するサービスであり、サービスそのものの差別化は容易ではないことから、同市場は既に価格競争に突入している。今後は、クラウドサービス・プロバイダー(CSP)の技術力や経営体力の勝負となり、良質なサービスを低価格で提供できる運用技術やノウハウをもつCSPが生き残っていくとみられている。これに対し、事業規模が小さく、技術的な差別化が困難なCSPが生き残る可能性は低いと考えられる。

「PaaS/IaaS市場」シェア(2009年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。