調査リポート
» 2010年06月01日 10時00分 公開

「ワークフロー」シェア(2008年度)シェア情報アーカイブ

ワークフローの機能の豊富さ、拡張性の高さで市場をけん引するトップベンダーとは。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、ワークフロー市場の2008年度の出荷金額は、前年対比6.6%減の約27億円となった。市場縮小の主要因は、景気低迷によるIT投資の削減によるものだったが、2009年度も市場模は回復せず1.1%減と予想されている。

 同市場においては、既存独自開発のワークフロー機能から簡易なWeb型ワークフロー製品、またはインフラ系製品のアドオンへの移行が進んでいるほか、内部統制強化機能を備えたワークフロー製品への注目度も上昇している。

 また、ベンダーのASP/SaaS(Software as a Service)提供への動きも見られる。従来はほぼパッケージ製品のみの同市場において、今後ASP/SaaSモデルが進展することで、利用企業の裾野が拡大していくと期待される。

 2008年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、機能の豊富さ、拡張性の高さで市場をけん引するNTTデータイントラマートが17.9%で1位となった。17.3%の小差で2位となった富士電機システムズは、用途別に特化したワークフロー製品を提供しており、着実にユーザー数を拡大している。3位のエイトレッドは堅調に出荷金額を伸ばし、14.0%を獲得した。

「ワークフロー」シェア(2008年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。