調査リポート
» 2009年05月19日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「ECMパッケージ」シェア(2008年度)

前年対比46.2%増と大幅な伸びを示しているECMECM(エンタープライズコンテンツ管理)パッケージ。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2008年度のECM(エンタープライズコンテンツ管理)市場は、出荷金額ベースで81億円、前年対比46.2%増と、大幅な伸びを示した。

 社内コンテンツに関する個々の課題解決のため文書管理製品など複数の製品を多数導入するのに代わり、文書管理や紙文書の電子化、アーカイブ、記録管理などの機能を全て備えたECM製品を採用し、社内コンテンツの一括管理、収集、配信を行う手法が注目を集めた。

 しかし、社内に存在するコンテンツリポジトリ(情報が保管されているDB)群を一斉にリプレースすることは非現実的なため、コンテンツ統合技術を用いて既存コンテンツを部分的にそのソースからポリシーを基に収集し、収集されたコンテンツを連携させることがECMの現実解として多い。

 2008年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、マイクロソフトが1位で44.4%を占めた(ただし、同社の「Microsoft Office SharePoint Server 2007」はEIP(企業情報ポータル)製品としての側面もあるため、コンテンツ管理目的で導入、利用されているとは限らない)。2位はIBMで13.6%、以下オラクルの9.3%、日立製作所の8.6%、EMCの8.5%、Hyland Software(国内販売元:PFU)の4.9%、オープンテキストの4.9%と続く。

「ECMパッケージ」シェア(2008年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。