調査リポート
» 2008年04月22日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「サーバ」シェア(2007年第4四半期)

ベンダー別国内サーバのシェア情報を2007年通期と2007年第4四半期(10-12月)の市場占有率(出荷金額)で比較する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2007年の国内サーバ市場規模は前年対比6.0%減の6364億円と縮小が続いている。また、出荷台数も前年対比2.9%減の60万台と5年ぶりのマイナス成長となった。

 x86サーバは更新需要の谷間にあり出荷台数は前年を下回ったが、落ち込みは一時的と見られ、出荷金額はプラス成長を維持している。これはデュアルコアやクアッドコアCPU搭載製品が主流となったことで、ユーザーがCPUに見合ったメモリなどを装備するようになり、x86サーバの単価が上昇したためとみられる。

 メインフレームなどのプロプライエタリ(メーカー独自)製品は、2006年が堅調だった反動から落ち込み、RISC/IA-64サーバも2年連続のマイナス成長となった。

 2007年通年の市場占有率(出荷金額)を見るとx86サーバが好調だった富士通が20.2%を獲得し、4年ぶりに1位を奪還した。メインフレームが堅調であったが、x86サーバが振るわなかった日本IBMが19.4%、日本HPが17.7%で3位を維持している。また、デルがサンを抜いて6位に入った。

 一方、総出荷台数では日本HPがx86サーバで台数を伸ばし、初の1位を獲得した。2007年第4四半期(10-12月)には市場規模が前年同期比0.4%増の1536億円、出荷台数が3.7%増の15万台と、プラス成長に転じている。x86サーバは需要停滞期を脱し出荷台数が4.5%増となった。市場占有率は、出荷金額ベースで日本IBMが21.0%で1位、2位の日本HPが19.4%、3位のNECが19.1%と続いている。

「サーバ」シェア(2007年) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。