調査リポート
» 2007年11月05日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「IPS」シェア(2006年度)

ミック経済研究所の調べによると、2007年度は前年比18.6%増の出荷金額が予想されているIPS市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 ミック経済研究所の調べによれば、IPS市場は、企業のセキュリティ意識の高まりとともに、2000年以降から本格的に形成され始めたという。

 市場の推移としては、2006年度の出荷金額は前年比14.6%増の48億円弱、2007年度は前年比18.6%増の57億円弱となるものと予想される。

 ベンダー動向を見ると、もともとソフトウェアパッケージを展開していたトップベンダーのインターネットセキュリティシステムズは、ソフトウェアパッケージと低価格なアプライアンス製品を投入しつつ、中小企業への販売網を持っているパートナーの開拓に注力している。他に、マカフィーでは「McAfee IntruShield」を基軸としたパートナーの拡充を図っている。

 市場占有率では、2005年度ではシェアが同率で2位だったマカフィーとジュニパーネットワークスが、2006年度ではマカフィーが2位、ジュニパーネットワークスが3位となっているが、それ以外では順位に変動は見られず、2007年度も前年と同様の順位となる見通しである。

「IPS」シェア(2006年度) (出典:ミック経済研究所)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。