クラウド型PLM 「Obbligato for SaaS」

クラウド型PLM 「Obbligato for SaaS」

国内トップシェアPLMを「安く」「早く」「手間なく」クラウドで

日本の“ものづくり”における情報共有基盤として、多くの大手電機・機械メーカーへ導入。国内トップシェアPLM製品である「Obbligato」をクラウドサービスで安価に提供。
<おすすめユーザー> 多忙などの理由で製品開発プロセスの改善に時間が取れない企業。できるだけ低コストでPLMシステムを構築したい中堅・中小企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Obbligato for SaaS リーフレット(1000KB)
クラウド型PLM「Obbligato for SaaS」の製品特長、機能について分かりやすくまとめたリーフレット。
【1ヵ月無料】お試しサイトご案内リーフレット(784KB)
「Obbligato for SaaS」を1ヵ月間無料でご利用いただけるお試しサイトのご案内リーフレットです。※ベンダ、個人、研究目的のお申込みはできません。

国内トップシェアPLMを「安く」「早く」「手間なく」クラウドで

■国内トップシェア(※)PLM製品「Obbligato」にクラウド型が登場!
「Obbligato」は、日本の“ものづくり”における情報共有基盤として、大手電機・機械メーカーなど約900社が信頼を寄せるPLM(製品情報管理)製品。「Obbligato for SaaS」は「Obbligato」が持つ“ものづくり”支援のノウハウをそのままクラウドサービスにてご提供。「設計部門が多忙で、製品開発プロセス改善に時間をとれない」「PLMシステムを構築したいが、コストがかかる」という悩みを抱える企業のPLMの低価格・早期・簡単導入を実現する。

■マルチテナント型SaaSにより、コストを大幅低減!
1つのObbligatoアプリケーションを複数の企業で共有するマルチテナント型SaaSを採用。IT基盤サービスを共同利用するので、ハードウェアリソースやパッケージの利用料金は低く、システム運用の負荷も最小限に抑えることで、PLM導入の大幅なコストダウンを実現する。

■ノン・カスタマイズにより、クイックスタートを実現!
Obbligatoの導入実績をもとに、製品開発における汎用的な業務シナリオを導き出し、あらかじめカスタマイズした機能を実装しているので、ノン・カスタマイズで導入が可能。これにより、初期構築費用の削減とクイックスタートを実現。市場ニーズに応じた機能強化もクラウド側で行うため、利用者は迅速かつ簡単に最新バージョンを利用可能。

■各種パラメータ設定により、個別の業務運用にも柔軟に適合!
部品や図面を管理するための属性や承認ステータス、アクセス権定義などの基本情報は、パラメータとして企業ごとに設定可能。画面上の属性の表示/非表示や並び替えなども利用者ごとに自由に設定できる。

※出典:(株)テクノ・システム・リサーチ「2018年機械系CAD/PLM関連ビジネス市場分析調査」(2018年5月)

クラウド型PLM 「Obbligato for SaaS」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 クラウド
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 NEC
動作環境 ■ハードウェア
CPU:Intel Core Duoプロセッサ
メモリ:2GB以上
■ソフトウェア
OS:Windows 10、8.1、7
他:Internet Explorer 11
提供エリア 全国
オプションサービス コーディネータサービス など
その他サービス -
その他特記事項 -

価格情報

月額12万円〜
【10ユーザの場合】 月額30万円〜
初期費用20万円〜
※税別
※ボリュームディスカウトあり、詳細はお問い合わせ下さい。

掲載企業

日本電気株式会社
URL:http://jpn.nec.com/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Obbligato for SaaS リーフレット(1000KB)
クラウド型PLM「Obbligato for SaaS」の製品特長、機能について分かりやすくまとめたリーフレット。
【1ヵ月無料】お試しサイトご案内リーフレット(784KB)
「Obbligato for SaaS」を1ヵ月間無料でご利用いただけるお試しサイトのご案内リーフレットです。※ベンダ、個人、研究目的のお申込みはできません。