製品資料

株式会社コネクトワン

株式会社コネクトワン

OSやブラウザのバージョンアップ時の課題、Web表示の不具合を解消する方法は?

OSやブラウザをバージョンアップする際は、Web表示の不具合などのトラブルが付き物だ。セキュアブラウザとゲートウェイが一体化した「コンテンツ変換クラウドサービス」は、ユーザー対応に追われるシステム管理者を救う一手となるか。

要約

 PCやスマートフォン、タブレットなど、業務で使用するデバイスのOS、ブラウザのバージョンを最新に保つことは、セキュリティや利便性の観点から見ても非常に重要だ。しかし、バージョンを上げると、Web表示の不具合をはじめとしたトラブルが発生することもあり、ユーザー対応に困るシステム管理者も多い。

 そこで注目されているのが、セキュアブラウザとゲートウェイが一体化した「コンテンツ変換クラウドサービス」だ。このサービスでは、専用のDoCANブラウザを提供することによりバージョンアップ時の事前検証を実施し、実際に不具合が発生する前にシステム管理者に通知。さらに、HTMLによる修正で対応可能な場合は、DoCANゲートウェイがソースコードの変換をして不具合対応を行うため、システム管理者は安心してバージョンアップをユーザーに許可することができる。

 また、「端末にデータを残さない」「許可されていない端末からのアクセスを遮断する」といったセキュリティに関する機能も豊富で、金融機関を中心に広く導入/活用されている。本資料で、このクラウドサービスの機能と実力をさらに詳しく見ていこう。

アンケート