製品資料

ジェネシス・ジャパン株式会社

ジェネシス・ジャパン株式会社

社内外コミュニケーションからコンタクトセンターまでをクラウド化する利点

社内外のコミュニケーションやコラボレーションの核となるユニファイドコミュニケーション&コラボレーションツールを導入する企業が増えている。しかし、デジタル化のハードルやツールの陳腐化対策など課題も多い。その解決策を紹介する。

要約

 生産性、顧客満足度の向上などビジネスの主要な要素を高める鍵はコミュニケーションにある。そのためにユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UC&C)技術の重要性が増している。データの効率的な活用も考えれば、コラボレーション機能やコンタクトセンター機能、テレフォニー機能などを1つのプラットフォームで実現し、さらに効率的に管理できる環境を整備したい。

 特に進化の激しいUC&Cでは、アップデートが容易なクラウドサービスが有力な選択肢になる。中でも先端的な製品では、コンタクトセンターのサービスインを数日程度のリードタイムで可能にする他、マルチチャネルルーティングや自動応答、KPI・稼働管理、CRM・業務アプリケーション連携などの重要機能もまとめて実装できる。シームレスなオムニチャネルサービスの提供も容易となるため、顧客対応レベルの向上や一貫性の確保にもつながるだろう。

 本資料が紹介しているのが、これらのニーズに対応したクラウド型UC&Cサービスだ。コラボレーションにおいても、高度なIP-PBX機能や多彩なエンドポイント対応などを通じ、従業員のストレスを軽減し、生産性を高める効果が期待できるという。

アンケート