Ericom Shield

Ericom Shield

仮想ブラウザによって実現するインターネット分離ソリューション

  • 高セキュリティ
  • ファイル共有
  • 漏えい防止
Ericom Shield

ユーザーからのWebリクエストを仮想ブラウザが受け取とってWebサイトへアクセスし、そこで表示されている内容をユーザーのクライアントPCへ画面転送することでインターネット分離を実現する。ユーザーに手間をかけずに安全なWebブラウジング環境を構築したい企業に最適な製品。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

仮想ブラウザのインターネット分離‐失敗しない3つのポイント(1.39MB)
官公庁やIPA推奨の標的型攻撃対策インターネット分離、その中でも利便性の高い仮想ブラウザを用いた方法について、導入時に考慮すべきポイントを解説します。
Ericom Shield 紹介資料(3.45MB)
仮想ブラウザによるインターネット分離のソリューションの中でも、特に利便性が高い「Ericom Shield」の仕組みや6つの特長についてご紹介した資料です。
10分でわかる!Ericom Shieldとダブルブラウザ・ソリューション(1.55MB)
アシストが取り扱うインターネット分離製品「Ericom Shield」と「ダブルブラウザ」の概要紹介資料です。要件によって「どの製品を選べばいいのか?」がわかります。

ユーザビリティとセキュリティを両立するインターネット分離

「Ericom Shield」はユーザーへの操作性や負担をかけずに高いセキュリティを実現するリモート・ブラウザソリューションだ。同製品を用いることで、国内各機関が推奨するインターネット分離を実現し、Webからのマルウェア感染に対する防御力を高めることができる。

■画面転送による完全分離
Ericom Shieldでは、Webリクエストを受けたEricom Shield プロキシがWebアクセスし、その結果を画面転送の形でユーザーに返す仕組みのため、高い安全性を実現する

■タブごとの分離
ブラウザの1タブにつき1つのコンテナを割り当てるため、より安全性を確保できる。例えばそのタブのコンテナ領域が感染した場合でも、閉じるだけで破棄され、他のタブのコンテナ領域に影響を与えることはない。

■ファイル無害化をビルトイン
ファイル無害化機能を追加費用なしでビルトインしているため、Ericom Shiled経由で無害化されたファイルをダウンロードすることができる。無害化やダウンロードの設定はポリシーで変更することも可能。

■あらゆるデバイスに対応
クライアントデバイス側は接続用のソフトウェアをインストールすることなく、すでに利用しているWebブラウザからEricom Shieldにそのまま接続して利用できる。

■高いユーザビリティ
ローカルブラウザで利用しているようなお気に入り、印刷、クリップボード、動画・音声再生なども通常通りできるため、ローカルブラウジングとほぼ変わらないユーザビリティを提供する。

■Microsoftライセンス不要
Ericom ShieldではLinuxブラウザを採用しているため、インターネット分離環境を構築する際に必要になりがちなMicrosoftのRDS CAL(Remote Desktop Service Client Access License)などの費用が不要。

Ericom Shield
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント 高セキュリティ、ファイル共有、漏えい防止
導入実績 101~500社
  • 特典
  • プレゼント

以下サイトにて、Ericom Shieldの30日間の評価版をお申し込みいただけます。
https://www.ashisuto.co.jp/product/category/virtualization/ericom/download/trial/#shield

仕様

メーカー Ericom Software
クライアント側OS Windows 7、8.1、10
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ※本スペック情報は同時100ユーザー(全利用者1000名程度想定)利用時の参考値となります。サイジングにおいてはPoCの実施をお願いいたします。
クライアント側その他動作環境 Microsoft Edge
Internet Explorer 11
Mozilla Firefox
Google Chrome
サーバ側OS Ubuntu 16.04 LTS
サーバ側対応プロセッサ Ericom Shield Management サーバ 兼 Coreサーバ
:8core以上

Ericom Shield Browser サーバ
:24core以上
サーバ側必要メモリ容量 Ericom Shield Management サーバ 兼 Coreサーバ
:16GB以上

Ericom Shield Browser サーバ
:32GB以上
サーバ側必要ディスク容量 Ericom Shield Management サーバ 兼 Coreサーバ
:100GB以上

Ericom Shield Browser サーバ
:100GB以上
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

お問い合わせください

掲載企業

株式会社アシスト
URL:https://www.ashisuto.co.jp/product/category/virtualization/ericom/detail/lineup/shield.html#tab

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

仮想ブラウザのインターネット分離‐失敗しない3つのポイント(1.39MB)
官公庁やIPA推奨の標的型攻撃対策インターネット分離、その中でも利便性の高い仮想ブラウザを用いた方法について、導入時に考慮すべきポイントを解説します。
Ericom Shield 紹介資料(3.45MB)
仮想ブラウザによるインターネット分離のソリューションの中でも、特に利便性が高い「Ericom Shield」の仕組みや6つの特長についてご紹介した資料です。
10分でわかる!Ericom Shieldとダブルブラウザ・ソリューション(1.55MB)
アシストが取り扱うインターネット分離製品「Ericom Shield」と「ダブルブラウザ」の概要紹介資料です。要件によって「どの製品を選べばいいのか?」がわかります。