クラウド型メール誤送信対策サービス 「Active! gate SS」

クラウド型メール誤送信対策サービス 「Active! gate SS」

短期間で手軽に誤送信対策を実現!クラウド型サービス

クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、G Suite、Office 365にも対応
<おすすめユーザー> ◎メール誤送信対策を行いたいが、どこから始めれば良いか悩んでいる企業
◎G Suite、Office 365のセキュリティ強化を行いたい企業

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

誤送信防止のための7つのアプローチ!「Active! gate SS」 特長解説(1.24MB)
Active! gate SSの特長や誤送信防止のための7つのアプローチ、各種プランの詳細・料金などをまとめたカタログです。
Office 365のセキュリティ強化のために導入:すかいらーく(3.28MB)
全国にレストラン店舗を持つすらいらーくは、Office 365を利用。メールや添付ファイル経由の情報漏えいを懸念しActive! gate SSを導入することでセキュリティを担保。
重要な課題であった誤送信対策を補完:サイバーエージェント(1.42MB)
主力事業であるインターネット広告事業において、メールの誤送信は命取り。G Suiteとシームレスに連携し現場の声を反映しつつ確実な誤送信対策から営業力の強化までを実現
G Suite採用後も安全の利用:よしもとアドミニストレーション(804KB)
個人情報を多く扱い、一度に複数名にメール送信することが多いエンターテインメント会社である同社は、Bcc強制変換によりメールを安心して利用できるようになった。

短期間で手軽に誤送信対策を実現!クラウド型サービス

 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」は7つのアプローチを網羅し、クラウド型の本格的なメール誤送信対策を実現。必要な機能を自由に組み合わせ、短期間での導入が可能。手軽な月額料金で提供されており、高品質な機能を低コストで利用できる。

■メール誤送信対策をこれ1つで実現
 誤送信防止で必要となる「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」「時間差配信」「上司承認」の7つのアプローチを全て搭載。「暗号化はこのツール、送信が保留された場合はコチラ…」など使い分ける必要がなく、複数のアプローチを組み合わせることで、1カ所で確実な誤送信対策を実現する。

■要望に合わせてプランを選べる
 Active! gate SSは利用に合わせて3つのプランから選択できる。メールの誤送信対策を網羅するフル機能から、添付ファイルの暗号化やWebダウンロード専用の『ファイル変換専用プラン』などがあり、必要に応じて選択可能。

■自社設置、ホスティングでもOK! G Suite、Office 365にも対応
 クラウド型のActive! gate SSは、サーバ構成に依存せずサービスを利用できる。サーバの自社設置、メールホスティングはもちろん、Lotus NotesやExchangeなどのメールシステムやG Suite、Office 365などのクラウドサービスにも対応する。

■豊富な機能で自社に合わせた対策が可能
 Active! gate SSは、添付ファイルの暗号化方法やパスワード通知方法、メール保留や送信拒否の条件などきめ細かく設定できる。全社で設定を統一するほか、ユーザーや部署ごとに設定を変えることもでき、業務に合わせた対策を実現。
 画面も使いやすさを追求した構成となっており、「手順が面倒で、あまりチェックせずに承認してしまう…」といった事態を防ぎ、確実な対策をサポートする。

クラウド型メール誤送信対策サービス 「Active! gate SS」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソリューション・その他
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 クオリティア
サービスメニュー(提供可能な製品群) 【クラウド型メール誤送信防止サービス】
・オリジナル運用プラン(共用タイプ)
・オリジナル運用プラン(VPSタイプ)
・ファイル変換専用プラン(共有サーバー)
動作環境 -
オプションサービス -
その他特記事項 -

価格情報

<ファイル変換専用プラン>
初期費用:5万円、月額費用:150円(1メールアドレス当たり)
※全て税別

掲載企業

株式会社クオリティア
URL:http://www.qualitia.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

誤送信防止のための7つのアプローチ!「Active! gate SS」 特長解説(1.24MB)
Active! gate SSの特長や誤送信防止のための7つのアプローチ、各種プランの詳細・料金などをまとめたカタログです。
Office 365のセキュリティ強化のために導入:すかいらーく(3.28MB)
全国にレストラン店舗を持つすらいらーくは、Office 365を利用。メールや添付ファイル経由の情報漏えいを懸念しActive! gate SSを導入することでセキュリティを担保。
重要な課題であった誤送信対策を補完:サイバーエージェント(1.42MB)
主力事業であるインターネット広告事業において、メールの誤送信は命取り。G Suiteとシームレスに連携し現場の声を反映しつつ確実な誤送信対策から営業力の強化までを実現
G Suite採用後も安全の利用:よしもとアドミニストレーション(804KB)
個人情報を多く扱い、一度に複数名にメール送信することが多いエンターテインメント会社である同社は、Bcc強制変換によりメールを安心して利用できるようになった。