ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」

オンプレミス/オンクラウドを隔てることなく各種ITリソースに対する「アカウント/権限の集中管理」を実現

  • スマホ対応
  • 高セキュリティ
  • 一元管理機能

Evidian独自の拡張RBACモデルに基づくロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。
オンプレミス環境上のITリソース(Active Directory、業務アプリケーション 等)、クラウドサービス(365、Salesforce、Box 等)上のアカウント/権限の一元管理を実現。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「Evidian Identity Governance & Administration」紹介資料(3.41MB)
本製品の紹介資料。ワークフロー、プロビジョニング、棚卸等の各機能、Evidian独自のRBACモデルと一般的なRBACモデルによる権限管理の違いなどについて説明。
Identity Management(ID管理)とは(2.91MB)
Identity Managementに求められる要素について説明。IDaaSとの違い、Evidian IAM Suite製品の利点などについて紹介。
「Evidian IAM Suite」デモンストレーション資料(2.08MB)
Identity Governance & Administrationのキーポイント、統制(法令順守、情報管理)からの要求について、認証情報の重要性、ほか。

オンプレミス/クラウド上の「アカウントと権限」を一元管理

Identity Governance & Administration(IGA)は、デジタルアイデンティティー管理、ロールベースのアクセス管理、承認ワークフロー、ユーザー向けセルフサービス機能、アカウント情報のプロビジョニング等、ID管理に関する幅広い機能をオールインワンで提供。

企業内の各種ITリソースに対する権限の集中管理が可能
管理対象は、Active Directory、ファイルサーバ、プリンタ、社内アプリケーション、クラウドサービスなど幅広い。各種のITリソース(AD、UNIX、Linux、RDB、SAPなど)やクラウドサービス(Office 365、Salesforce、G-suiteなど)にプロビジョニング/デプロビジョニング可能なネイティブコネクターも提供。

メールベースのワークフローによる申請も可能
新たなアクセス権の申請時や、ID/アクセス権の代行申請時には、Webベースのインタフェースを介しユーザー自身による申請が可能。
標準で実装されたメールベースワーフローは約40種類のフローに対応。全ての権限は人事異動情報を起点に、社内規定に基づいて設定されたフローにより適切な承認を得た後、自動的に各ITリソースに反映される。

EVIDIAN独自のRBACモデルによる高度なアクセス権限管理
EVIDIAN独自のRBACモデルは、一般的なRBACモデルと比してロール管理負担の大幅な削減を可能にする。ロール同士の相関や組織構造に応じたロールの継承を柔軟に設定可能。
アクセス権を直接制御できるITリソースに対しては、設定された権限状態と本システム上で管理されている権限情報を自動的に照合し、不一致状態の権限を自動的、または手動により修復することが可能。
企業ごとのガバナンスやコンプライアンスにも容易に対応できる。ロール等を含むセキュリティポリシーの修正時には、反映前にワークスペース上で確認できるなど、誤設定防止に役立つ機能も搭載している。

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント スマホ対応、高セキュリティ、一元管理機能
導入実績 1001社~
  • 特典
  • 無料トライアル

仕様

メーカー Evidian
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Internet Explorer 11, Edge
Firefox 52以降
Chrome 56以降
サーバ側OS Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon Quad-Core 3.2 GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 16GB以上
サーバ側必要ディスク容量 64GB(製品用)
500GB/1TB(ディレクトリとデータベース用)
(*)High speed disks(SSD, Hybrid or SAS15K)
サーバ側その他動作環境 ※ディレクトリ、データベースについては「その他特記事項」に記載
その他特記事項 【ディレクトリ】
Oracle Directory Server Enterprise Edition 11.1
Sun Java System Directory Server 5.2 - 6.3
Fedora Directory Server / 389 Directory Server
AD LDS(Windows Server 2019, 2016, 2012)

【データベース】
Oracle Database 11gR2, 12cR1, 12cR2, 19c
MySQL 5.6 or 5.7

【専用プロビジョニングコネクター】
Microsoft Active Directory
LDAP(LDAP V3 ディレクトリ)
SQL(ODBC ドライバを含む SQL データベース)
Exchange
Microsoft Office 365
Microsoft Lync/Skype for Business
Salesforce
G Suite(GoogleApps)
CSV
CSV for RACF
UNIX / Linux
RACF
Lotus Notes
SAP
ServiceNow
OpenStack Keystone
TMF615
GCOS 7
カスタマイズ可能なコネクター(APIセット)
※上記以外の専用コネクターを希望される場合はお問い合わせください

価格情報

▼参考価格
500ユーザー:585万円(税別)

掲載企業

EVIDIAN-BULL JAPAN株式会社
URL:https://www.evidian.com/ja/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「Evidian Identity Governance & Administration」紹介資料(3.41MB)
本製品の紹介資料。ワークフロー、プロビジョニング、棚卸等の各機能、Evidian独自のRBACモデルと一般的なRBACモデルによる権限管理の違いなどについて説明。
Identity Management(ID管理)とは(2.91MB)
Identity Managementに求められる要素について説明。IDaaSとの違い、Evidian IAM Suite製品の利点などについて紹介。
「Evidian IAM Suite」デモンストレーション資料(2.08MB)
Identity Governance & Administrationのキーポイント、統制(法令順守、情報管理)からの要求について、認証情報の重要性、ほか。