Webキャスト

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社

事例に学ぶゼロトラストセキュリティ、クラウド型セキュリティはどこまで有効?

SaaS利用やVPNなど利便性向上とセキュリティ対策により、従来の通信環境では限界が来ている。Office 365の帯域問題や、リモートワーカー増による設備の性能不足問題などの解決策を、具体的な被疑箇所や導入事例を交え詳細に解説する。

要約

 テレワーク時のリモートアクセスやOffice 365・G SuiteなどSaaS利用時において、喫緊の課題がネットワーク輻輳(ふくそう)や通信遅延だ。クラウドサービスの利用増加やゼロデイ攻撃のサンドボックス検知、SSL通信復号などが原因でネットワーク帯域不足が頻発し、VPN装置・プロキシ・UTMなども処理しきれなくなってしまう。とはいえ単純に帯域・機器を増強するのではコストがかかりすぎる。

 そこで効果的なのが、アクセス制御・ポリシー統制やSSL復号機能などを持つクラウド型ゲートウェイだ。通信量に応じたオートスケール機能により、キャパシティープランニングや運用負荷を軽減。さらにローカルブレークアウトで出口分散を行いネットワーク輻輳を改善、アクセスルートを最適化する。

 本コンテンツでは、複数のユースケースを交えながら、一極集中型の従来環境で起こり得る問題を具体的な被疑箇所を含め詳しく解説し、解決策を提言する。例えば、Office 365における日常的な管理負荷の軽減方法、ハイブリッドクラウド環境でのリモートアクセスの在り方などどこまで何ができるのか、具体的にその効果を確認してもらいたい。

アンケート