セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice

汎用USBメモリを、セキュリティUSBメモリに

  • 保存データ暗号化
  • 漏えい防止
  • ログ管理

汎用のUSBメモリを、セキュリティ機能をつけたものに変換。未登録のPCへ接続した際は、データコピー、移動制御で情報漏洩を防止。パスワード認証による暗号化も備えており、盗難・紛失時も安心だ。
<おすすめユーザー> デバイス制御で情報漏洩対策をしたい法人。スマートデバイス、ポータブルデバイスを制御したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

InterSafe SecureDeviceカタログ(5.73MB)
InterSafe SecureDevice Standard、Professional版カタログです。
InterSafe SecureDeviceご紹介資料(3.08MB)
特長や優位性、構成例、動作環境などについて詳しく紹介した資料です。
情報漏洩リスク低下、セキュリティ意識向上-教育委員会導入事例(448KB)
USBメモリの情報を安心・安全に運用でき、導入・運用ともに容易なInterSafe SecureDeviceでスムーズな導入を果たした教育委員会の事例です。
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」カタログ(5.03MB)
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」のカタログです。(5ページ目にInterSafe SecureDeviceの説明が掲載されています。)

汎用のUSBメモリをセキュリティUSBメモリに変換!

InterSafe SecureDeviceは、汎用USBメモリを管理コンソールでカスタマイズし、暗号化対応のセキュアUSBメモリに変換できるセキュリティUSBメモリ作成ソフトだ。USBメモリ内のデータを強固に守りながらも、業務効率を落とさず安全にデータ持ち運びが可能になる。

●ニーズに合わせてセキュリティレベルを設定可能
変換されたUSBメモリは、通常のUSBメモリと同様に編集/保存、コピー/削除などの操作が自由に行える。
ホストPC(登録PC)と、操作制限があるゲストPC(自宅や外出先等の登録外PCなど)を区別し、ゲスト(登録外)PCでは、下記モードを設定できる。

パスワードモード:パスワード認証と自動暗号化でデータを保護
読み取り専用モード:USBメモリからゲストPCへのコピーは可能、ゲストPCからUSBメモリへのコピーは不可能
情報漏洩対策モード:ゲストPCからUSBメモリへのコピーは可能、USBメモリからゲストPCへのコピーは不可能
ウイルス対策モード:USBメモリ、ゲストPCへの相互のデータコピーはともに不可能
※いずれのモードもUSBメモリ内で編集/保存は通常のUSBメモリ同様に利用可能

●より強固で柔軟な情報漏洩対策機能を搭載
有効期限超過時にUSBメモリ内のデータの破棄機能や、同じ暗号キーをもつUSBメモリ内でしかデータを暗号化、復号できないセキュアポーター機能(オプション)を搭載。

●機能・目的に合わせて3モデルをラインアップ
・Standard版(サーバレスで、簡単にセキュリティ対策が可能。※小、中規模企業向け)
・Professional版(サーバを利用することで、USBメモリのログをリアルタイムに収集。※小、中規模企業向け)
・Ultimate版(最上位モデル。人事情報システムと連携し、グループやユーザー管理が可能。※大規模企業向け)

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント 保存データ暗号化、漏えい防止、ログ管理
導入実績 -
  • 特典
  • 無料トライアル

30日間の無料評価版をご利用いただけます。詳細はお問い合わせください。

仕様

メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS Windows( 7 / 8.1 / 10 )
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応)[多言語はClient OS のみ]
クライアント側対応プロセッサ Intel Core i3 2.0GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 2GB 以上(4GB以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ■利用可能なUSBメモリ
128MB以上(USB2.0/3.0)

※これはInterSafe SecureDevice Ultimateの動作環境です。
※他のバージョンを含め、最新の動作環境、動作確認済みアプリケーションについては製品サイトにてご確認ください。
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows ( 2008 R2 / 2012 / 2016 / 2019 )
※日本語OSのみ対応
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium 4 2.0GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB 以上 (3GB 以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

●オンプレミス版
Standard:【管理ソフト+5ライセンス】3万8000円(税別)
Professional:【1-99ユーザー】サーバライセンス+1ライセンスで14万7200円(税別)
Ultimate:【5-99ユーザー】5ライセンスで4万円(税別)
※ガバメント、アカデミックライセンスあり。

●クラウド版
【50ユーザー】1ライセンスあたり500円(税別)
※利用する端末数に応じたライセンス数が必要です。
※新規ご購入時の最低購入数は50ライセンスです。
※最低契約期間は12カ月です。

詳しい価格情報はお問い合わせください。

掲載企業

アルプス システム インテグレーション株式会社
URL:https://www.alsi.co.jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

InterSafe SecureDeviceカタログ(5.73MB)
InterSafe SecureDevice Standard、Professional版カタログです。
InterSafe SecureDeviceご紹介資料(3.08MB)
特長や優位性、構成例、動作環境などについて詳しく紹介した資料です。
情報漏洩リスク低下、セキュリティ意識向上-教育委員会導入事例(448KB)
USBメモリの情報を安心・安全に運用でき、導入・運用ともに容易なInterSafe SecureDeviceでスムーズな導入を果たした教育委員会の事例です。
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」カタログ(5.03MB)
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」のカタログです。(5ページ目にInterSafe SecureDeviceの説明が掲載されています。)