セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice

汎用のUSBメモリをセキュリティUSBメモリに変換!

・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
<おすすめユーザー> 簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。
USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice」(4.28MB)
InterSafe SecureDeviceのカタログです。
教育関係者向け:学校向けセキュリティソリューション(969KB)
ALSIが提供する学校・教育関係に向けたセキュリティソリューションの紹介資料です。URLフィルタリングや情報漏洩対策などを総合的にご紹介しています。
導入事例集(教育委員会、病院、看護学校、企業)(1.1MB)
文教から、医療、企業まで、さまざまな業種の導入事例をご紹介。

汎用のUSBメモリをセキュリティUSBメモリに変換!

InterSafe SecureDeviceは、汎用USBメモリを暗号化対応のセキュアなUSBメモリに変換できるセキュリティUSBメモリ作成ソフトだ。
USBメモリ内のデータを強固に守りながらも、業務効率を落とさず安全にデータの持ち運びが可能になる。

▼ニーズに合わせてセキュリティレベルを設定可能
InterSafe SecureDeviceで変換されたUSBメモリは、通常のUSBメモリと同様に編集/保存、コピー/削除などの操作が自由に行える。
ホストPC(登録PC)と、操作制限があるゲストPC(自宅や外出先等の登録外PCなど)を区別し、ゲスト(登録外)PCでは、下記モードを設定できる。

パスワードモード:パスワード認証と自動暗号化でデータを保護
読み取り専用モード:USBメモリからゲストPCへのコピーは可能。ゲストPCからUSBメモリへのコピーは不可能
情報漏洩対策モード:ゲストPCからUSBメモリへのコピーは可能。USBメモリからゲストPCへのコピーは不可能
ウイルス対策モード:USBメモリ、ゲストPCへの相互のデータコピーはともに不可能
※いずれのモードもUSBメモリ内での編集/保存は通常のUSBメモリと同様に利用可能。

▼より強固で柔軟な情報漏洩対策機能を搭載
有効期限超過時にUSBメモリ内のデータの破棄機能や、同じ暗号キーをもつUSBメモリ内でしかデータを暗号化、復号できないセキュアポーター機能(オプション)を搭載。

▼機能・目的に合わせて3モデルをラインアップ
・Standard版(サーバレスで、簡単にセキュリティ対策が可能。※小、中規模企業向け)
・Professional版(サーバを利用することで、USBメモリのログをリアルタイムに収集。※小、中規模企業向け)
・Ultimate版(最上位モデル。人事情報システムと連携し、グループやユーザー管理が可能。※大規模企業向け)

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS Windows 7 Home/Premium/Professional, Windows 8.1 Pro/Enterprise, Windows 10 Pro/Enterprise
クライアント側対応プロセッサ Pentium 4 2.0GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 1GB 以上(2GB以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ■管理コンソール
Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition SP2
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition SP1
Microsoft Windows Server 2012 Standard
Microsoft Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate
SPなし / SP1
Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise
Microsoft Windows 10 / Pro / Enterprise

※日本語OSのみ
※Windows 7, 8.1 は64bit版に対応

■利用可能なUSBメモリ
128MB以上(USB2.0/3.0)

※最新の動作環境、動作確認済みアプリケーションについては製品サイトにてご確認ください。
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition SP2,
2008 R2 Standard Edition SP1,2012 Standard / R2 Standard
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium 4 2.0GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB 以上 (3GB 以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

Standard:3万8000円(税別)〜
Professional:14万7200円(税別)〜
Ultimate:4万円(税別)〜

掲載企業

アルプス システム インテグレーション株式会社
URL:http://www.alsi.co.jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice」(4.28MB)
InterSafe SecureDeviceのカタログです。
教育関係者向け:学校向けセキュリティソリューション(969KB)
ALSIが提供する学校・教育関係に向けたセキュリティソリューションの紹介資料です。URLフィルタリングや情報漏洩対策などを総合的にご紹介しています。
導入事例集(教育委員会、病院、看護学校、企業)(1.1MB)
文教から、医療、企業まで、さまざまな業種の導入事例をご紹介。