フルディスク暗号化ソリューション: WinMagic SecureDoc

フルディスク暗号化ソリューション: WinMagic SecureDoc

テレワーク・在宅勤務の時代に情報漏えいを許さないフルディスク暗号/暗号鍵管理ソリューション

事業継続のために急遽必要となる在宅勤務。働き方改革のために計画的に実施されるテレワーク。どちらも必要なセキュリティ対策としてPC紛失・盗難の際にフルディスク暗号が情報漏えいを防ぐ。
<おすすめユーザー>在宅勤務・テレワークなどのためにPCを持ち出すことがあり、PCからの情報漏えいを防ぎたい企業・組織。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

テレワーク・在宅勤務に必要な鉄壁防御 WinMagic SecureDoc(588KB)
テレワーク・在宅勤務に利用するノートパソコンに付き纏う紛失や盗難のリスク。そのリスクは情報漏えいや組織の信頼低下に直結します。そのリスクに有効な対策を紹介。
デバイス/OSを問わず集中管理WinMagic SecureDoc Enterprise Server(845KB)
OS起動前ユーザー認証(プリブートネットワーク認証)に対応し、マルチプラットフォームに対応。1コンソールで集中管理できるWinMagic SecureDoc Enterprise Serverの紹介。
最先端 BitLocker 管理を実現するWinMagic SecureDoc Essentials(398KB)
ユーザーや第三者による Bitlocker の不正解除を禁止し、デバイスを確実に保護する、WinMagic SecureDoc Essentialsの紹介。
仮想サーバをまるごと保護する、WinMagic SecureDoc CloudVM(1.37MB)
サーバ統合も、ハイパーコンバージドインフラも仮想サーバをまるごと保護するWinMagic SecureDoc CloudVMについて紹介。
物理サーバの暗号化は本当に必要か?(1.68MB)
開発責任者Garry McCrackenのブログより
PBNAによるディスク暗号化のセキュリティ向上と運用コスト削減(1.09MB)
WinMagic SecureDoc SESのコンポーネントの1つであるPBConnexの実力を網羅したホワイトペーパー。プリブートネットワーク認証(PBNA)の概要やメリットなどを解説。

一時的な暗号化ではなく、暗号化の維持管理が真の情報漏えい対策

WinMagic SecureDocは、国内80万ライセンス以上の導入実績を誇るHDD暗号化ソフトウェア。クライアントPCの起動制御、HDD暗号化、外部メディアからの情報漏えい防止を1つのソフトウェアで実現する。各種認証ツール(トークン)にも対応し、柔軟なセキュリティ体制を構築可能。

■充実した基本機能
リムーバブルメディアやファイルフォルダの暗号化をサポート。リムーバブルメディアへの読み書きや、利用を許可するデバイスについて制限が可能。

■フルディスク暗号化により盗難・紛失時の情報漏えいに対応
PCのHDD全体をセクタレベルで暗号化。ユーザーはOS起動前に認証を行うのみ、起動後は暗号/復号処理は自動的に行われる。認証はID/パスワードのほか、指紋認証やUSBトークンと組み合わせて、より強固にすることも可能。

■業界に先駆けプリブートネットワーク(PBN)機能を搭載
OS起動前の認証に、SESとのネットワーク認証を利用可能。ユーザーの利便性を下げることなく、暗号化したPCを利用できる。SESと通信できなければ、正しいID/パスワードでもPCにログインさせない、SESと通信できれば自動ログインを許可するなどの運用が可能。

■OSベンダーの暗号化をサポート
Apple FileVault2で暗号化されたMacも、WinMagic SecureDocにより暗号されたほかのマシンと同じように管理可能。パスワード紛失時のパスワードリカバリーやメディア暗号といった機能を提供する。Mac OSのアップデートができない、TimeMachineが使えないといった制限からも解放される。

■管理者の負荷を軽減するサポート機能
クライアントユーザーが起動前に利用するユーザーIDは、Microsoft ActiveDirectry(AD)で作成されたIDを利用可能。ユーザーがパスワードを忘れた場合のリカバリー方法としては、SESによるチャレンジレスポンス(ワンタイムパスワード)のほか、ADのパスワードリセットが利用可能。

フルディスク暗号化ソリューション: WinMagic SecureDoc
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー WinMagic 
クライアント側OS ・Windows 10/8/7 SP1/Vista SP2
・FileVault2対応
・Mac OS X 10.7.5(Lion)以降、10.13.3(High Sierra)まで
クライアント側対応プロセッサ Intel、AMD、Cytrixまたは互換CPU(1GHz以上推奨)
AES-NIは一部のIntel製CPUのみ対応
(http://ark.intel.com/MySearch.aspx?AESTech=true)
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上
クライアント側必要ディスク容量 250MB以上の空き容量
その他特記事項 各デバイスの対応状況は下記URLを参照
http://www.winmagic.com/device-compatibility
掲載がない製品に関してはお問い合わせください
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS ・Windows Server 2008以降
・SQL Server 2008以降
(無償のExpress Edition利用可能)
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium以降
サーバ側必要メモリ容量 512MB以上、1GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 4GB以上、40GB以上推奨(管理するクライアント数によって変動)
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

お問い合わせください。

掲載企業

ウインマジック・ジャパン株式会社
URL:http://www.winmagic.com/jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

テレワーク・在宅勤務に必要な鉄壁防御 WinMagic SecureDoc(588KB)
テレワーク・在宅勤務に利用するノートパソコンに付き纏う紛失や盗難のリスク。そのリスクは情報漏えいや組織の信頼低下に直結します。そのリスクに有効な対策を紹介。
デバイス/OSを問わず集中管理WinMagic SecureDoc Enterprise Server(845KB)
OS起動前ユーザー認証(プリブートネットワーク認証)に対応し、マルチプラットフォームに対応。1コンソールで集中管理できるWinMagic SecureDoc Enterprise Serverの紹介。
最先端 BitLocker 管理を実現するWinMagic SecureDoc Essentials(398KB)
ユーザーや第三者による Bitlocker の不正解除を禁止し、デバイスを確実に保護する、WinMagic SecureDoc Essentialsの紹介。
仮想サーバをまるごと保護する、WinMagic SecureDoc CloudVM(1.37MB)
サーバ統合も、ハイパーコンバージドインフラも仮想サーバをまるごと保護するWinMagic SecureDoc CloudVMについて紹介。
物理サーバの暗号化は本当に必要か?(1.68MB)
開発責任者Garry McCrackenのブログより
PBNAによるディスク暗号化のセキュリティ向上と運用コスト削減(1.09MB)
WinMagic SecureDoc SESのコンポーネントの1つであるPBConnexの実力を網羅したホワイトペーパー。プリブートネットワーク認証(PBNA)の概要やメリットなどを解説。