ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」

ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」

万一「流出」しても暗号化によりデータを保護

  • 保存データ暗号化
  • 権限管理
  • ログ管理

ファイル保存時の自動暗号化で、特別な操作なしにセキュリティを強化。社内ではもちろんのこと、情報漏洩の危険が潜むテレワーク時などの社外でも安全にファイル利用できる。
<おすすめユーザー> ファイルやファイルサーバーの情報漏洩対策を行いたい企業。テレワークセキュリティにお悩みの企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

InterSafe FileProtectionご紹介資料(3.47MB)
特長や構成例、動作環境、価格などについて詳しく紹介した資料です。
完全自動暗号化でヒューマンエラーを補完-官公庁導入事例(515KB)
検討から運用開始までおよそ1カ月半とスピーディに展開された、官公庁の導入事例です。
「ファイル暗号化」製品を選ぶためのポイントとは(653KB)
デジタルテクノロジーの活用が当たり前の現在のビジネスにおいて、強固なセキュリティ体制構築に不可欠な「ファイル暗号化」製品を選定するポイントをまとめた資料です。
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」カタログ(4.42MB)
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」のカタログです。(3ページ目にInterSafe FileProtectionの説明が掲載されています。)

暗号化を究めれば、情報流出は怖くない

InterSafe FileProtectionは、情報漏洩リスクに備えて、個人情報、企業の機密情報などのデータを自動暗号化する情報漏洩対策ソフト。ファイル保存時に自動で暗号化するためパスワード不要。拡張子も変わらず、ユーザが意識することなくセキュリティを向上できる。ファイルのアクセス権限は柔軟に設定でき内部不正にも有効。盗難・紛失などの万一の流出時も外部からの閲覧を防止し安心だ。

●テレワーク時も安全にファイル利用
出張・外出やテレワークなど社外での利用時もファイル単位で暗号化することで端末データを保護。

●必要な人に必要な権限を設定
文書の種類、ユーザの役職や権限に応じたアクセス制御が可能だ。アクセス権限はファイル保存時に自動で付与。端末側で有効期限を設定することも可能。

●自動暗号化フォルダ機能
特定フォルダにファイルを保存するだけで、あらかじめ設定したレベルに応じて自動的に暗号化ができる。特定のファイルのみを暗号化したい場合に最適だ。

●暗号化したままファイルのウイルス検知・全文検索可能
ウイルスに感染したままファイルが暗号化されても、そのままウイルス検知できるため、復号時も安全確保。また、Windows Searchによる暗号化ファイルの全文検索も可能。

●自動バックアップでランサムウェア対策
ランサムウェアがアクセスできないセキュアなフォルダにファイルを自動でバックアップし確実にデータを保護。

●新開発の暗号化エンジンを採用
暗号化処理速度を従来製品の2倍に高速化し、ストレスなくファイルを操作できる。また、NetAppなど大規模ストレージや資産管理製品との高い親和性を実現した。

●CADアプリケーション対応
AutoCADファイルの暗号化が可能。

ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント 保存データ暗号化、権限管理、ログ管理
導入実績 -
  • 特典
  • 無料トライアル

30日間の無料評価版をご利用いただけます。詳細はお問い合わせください。

仕様

メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS Windows( 8.1 Update 1 / 10 )
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応[多言語はClient OS のみ]
クライアント側対応プロセッサ Intel Core i3 2.0GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 2GB 以上(4GB 以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows( 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019 )
※日本語OSのみ対応
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上(Intel Xeon 2.5GHz(6Core)以上推奨)
サーバ側必要メモリ容量 4GB 以上(8GB以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 【対応ブラウザ】
Microsoft Internet Explorer 11、Microsoft Edge
※InterSafe Manager(管理ツール)の動作環境

価格情報

●オンプレミス版
【5-99ユーザ】1ライセンスあたり1万5000円(税別)
※初年度より製品価格の20%がサポートサービス費として別途発生します。
※ガバメント、アカデミックライセンスもあります。

●クラウド版
【50ユーザ以下】一律5万円(税別)
【51ユーザ以上】1ライセンスあたり1000円(税別)
※利用する端末数に応じたライセンス数が必要です。なお、サーバー運用費、管理用プログラムの利用費およびサポートサービス費は、上記サービス料金に含まれています。
※クラウド版にはセットライセンス、ガバメントライセンス、アカデミックライセンスはございません。

掲載企業

アルプス システム インテグレーション株式会社
URL:https://www.alsi.co.jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

InterSafe FileProtectionご紹介資料(3.47MB)
特長や構成例、動作環境、価格などについて詳しく紹介した資料です。
完全自動暗号化でヒューマンエラーを補完-官公庁導入事例(515KB)
検討から運用開始までおよそ1カ月半とスピーディに展開された、官公庁の導入事例です。
「ファイル暗号化」製品を選ぶためのポイントとは(653KB)
デジタルテクノロジーの活用が当たり前の現在のビジネスにおいて、強固なセキュリティ体制構築に不可欠な「ファイル暗号化」製品を選定するポイントをまとめた資料です。
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」カタログ(4.42MB)
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」のカタログです。(3ページ目にInterSafe FileProtectionの説明が掲載されています。)