製品資料

Splunk Services Japan

Splunk Services Japan

詐欺・妨害など深刻化する不正行為、一元的対策を実現するマシンデータ活用とは

アカウントや個人情報の盗難などの不正行為が深刻化している中、サービスの 提供を続けるには顧客を不正行為から保護できる一元的な対策が必要だ。 医療機関や銀行などの事例から、その要となるマシンデータの活用法を紹介する。

要約

詐欺・妨害など深刻化する不正行為、一元的対策を実現するマシンデータ活用とは

 日常生活のデジタル化が進むにつれ、アカウントの乗っ取り、申請詐欺、非対面取引詐欺などの不正行為が深刻化している。こうした不正行為は組織や企業に金銭的負担を強いるだけでなく、ビジネスの効率やブランドイメージにも大きなダメージを与えることになる。そのため、デジタル時代のサービス提供には、顧客を保護するための一元的な対策が必要になる。

 不正行為の検出と防止において有効となるのが、マシンデータを活用した分析主導型プラットフォームだ。不正行為の証拠やパターンは大量の非構造化マシンデータの中に潜んでいるため、関連性の高いマシンデータをインデックス化し、相関付けを行って不正行為のパターンを特定することでリアルタイムに不正行為を検出。悪影響を与える前に対策を講じることができるという。

 本資料では、アカウントの乗っ取りなど6つの実例に基づくシナリオのほか、銀行や医療機関などの事例から、マシンデータを利用した不正行為の対応例を紹介する。データの盗難や悪用など、広範に渡る不正行為への対策に活用してもらいたい。

アンケート