シンクライアント環境に適したデバイス制御で情報漏えい対策強化

株式会社琉球銀行

シンクライアント環境に適したデバイス制御で情報漏えい対策強化

琉球銀行株式会社では、行内PCのシンクライアント化に伴いデバイス制御製品を導入。特定のUSBメモリだけを利用可能にでき、かつ制限解除を柔軟に行える点も評価した。

  • セキュリティ強化
  • 金融業・保険業
  • 情報システム部門(運用系)
シンクライアント環境に適したデバイス制御で情報漏えい対策強化

株式会社琉球銀行では、情報セキュリティ強化を目的に行内PCのシンクライアント化を実施。それに伴うセキュリティ製品の刷新を行うべく、同環境に親和性の高いデバイス制御製品を導入。デバイスの個体識別制御を行うことができる点、銀行側が指定したUSBメモリのみを利用にしつつ、柔軟な設定変更が可能である点にメリットを感じている。

事例資料をダウンロード

課題

 株式会社琉球銀行では、昨今の情報漏えい事件や監督官庁への監査対応などの背景から、情報セキュリティ強化の必要性を痛感し、行内のPCをCitrixのシンクライアント環境に移行することとなった。
 しかし、従来のセキュリティ製品がシンクライアント環境に対応していなかったため、新たな製品を導入する必要があった。特にデバイス制御に関しては、デバイス個体識別制御が可能で、使用制限を柔軟に設定できる製品を求めていた。

解決方法

 複数の製品を比較検討した結果、Citrixのシンクライアント環境との親和性が高い上に、機能や価格のバランスが優れたデバイス制御製品を採用した。金融機関での導入事例も多いことも安心材料だったという。
 機能の観点からは、デバイス個体識別制御が行え、銀行側で貸与したUSBメモリのみを利用可能にできる点、また一部の担当者に限って利用制限を解除できるなど柔軟な設定が可能である点も評価ポイントとなった。

効果

 一連のセキュリティ製品の刷新によって、情報セキュリティが強化された。接続できるデバイスを制限することで、誤操作の防止はもちろん、不正に対する抑止効果の役割も果たしている。
 今後琉球銀行では、金融関連サービスなどを提供するグループ会社と連携を図ろうとしており、グループ各社からのアクセス増加が見込まれる。その際、大規模環境でも運用可能な今回のデバイス制御製品は、高い効果を発揮していくとみられる。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 セキュリティ強化
業種 金融業・保険業
部署 情報システム部門(運用系)
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:DeviceLock

提供企業:株式会社ラネクシー

URL:https://www.devicelock.jp/