WisePoint(ワイズポイント)シリーズ

WisePoint(ワイズポイント)シリーズ

セキュリティ強化を実現するワンタイムパスワード型認証システム

利便性と高いセキュリティ強度を同時に実現した認証システム。画像を用いたイメージングマトリクス認証、乱数表のマトリクスコード認証など多彩な認証方式が可能。
<おすすめユーザー> Webアプリケーションの業務活用に際し、シングルサインオンでユーザの利便性とセキュリティを強化したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「WisePoint」シリーズ製品カタログ(2.1MB)
認証強化を実現する「WisePoint」をはじめ、関連サービス「WisePoint Authenticator」「WisePoint Shibboleth」の製品カタログ。
九州大学:産学連携共同開発でシボレス・マトリックス認証導入(1MB)
シボレス認証に対応した「WisePoint Shibboleth」を九州大学と共同開発。マトリックス認証が必要なシステムと、それ以外のシステムを切り分けて認証可能に。
「WisePoint」導入事例:地域医療振興協会(280KB)
提携クリニックとの病診連携を実現した地域医療振興協会の「WisePoint」導入事例。
「WisePoint Authenticator」導入事例:富山県の市民病院(294KB)
電子カルテシステムの病診共有をセキュアなかたちで実現した富山県の市民病院の「WisePoint Authenticator」導入事例。
「WisePoint Authenticator+Juniper」で外出先から安全にアクセス(293KB)
「JuniperMAG」シリーズ「JunosPulse」ゲートウェイと「WisePoint Authenticator」の連携フロー、iPhone/iPadからVPNで社内LANへアクセスする際の認証強化について。
クラウド対応認証セキュリティ製品「WisePoint Shibboleth」(828KB)
「WisePoint Shibboleth」と「Account@Adapter」連携ソリューションでクラウドサービスと学内ネットワークのシングルサインオンを実現。

セキュリティ強化を実現するワンタイムパスワード型認証システム

WisePoint(ワイズポイント)シリーズは、Webブラウザを利用してワンタイムパスワードを生成する次世代の認証システムであり、リモートアクセス認証やWebアクセス認証、携帯電話ID認証などで幅広く利用できる。独自のワンタイムパスワード認証方式により、アクセスのたびに使い捨てパスワードを生成できるため、パスワードの定期的な変更が不要となり、システム管理者の手間を大幅に削減できる。

WisePointシリーズは、以下4つの製品で構成されている。

●WisePoint
Webアプリケーションにログインする際のリバースプロキシ型認証システム。非武装地帯(DMZ)に設置して、外部からアクセスチェックを行うため、Webアプリケーションへの直接攻撃を防ぎ、高いセキュリティを確保できる。シングルサインオン機能を標準で装備しており、営業支援ツールやグループウェア、社内ポータルサイトなどへの「なりすまし」によるアクセスを防ぐとともに、アプリケーションごとに認証する手間を省くことができる。

●WisePoint Authenticator
SSL-VPNなどのRADIUS対応機器の認証強化のための認証システム。認証VLANや無線VLANにも対応し、リモートアクセス時の認証レベルを上げることができる。

●WisePoint OTPGenerator
ワンタイムパスワードを発行・表示するシステム。生成したパスワードはRADIUS対応システムと連携可能。ユーザは専用トークンを持つ必要がないため、故障や紛失といったリスクを防ぐことができる。

●WisePoint Shibboleth
SAML2.0対応の認証連携シングルサインオンシステム。社内の認証サーバで認証を行うことで、Google Apps for Businessなどクラウドを含む社内外の様々なWebシステムに一度の認証でログインできるようになる。

WisePoint(ワイズポイント)シリーズ
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー ファルコンシステムコンサルティング
クライアント側OS Windows、MacOS、iOS、Android、携帯電話など
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ・スマートデバイス認証(端末認証)はオプションライセンスです。
・オプションサービス
-追加サーバライセンス(冗長化構成)
-インストールサービス
-シングルサインオン設定(WisePoint:未検証Webアプリケーションの場合)
クライアント側その他動作環境 ・ブラウザ:Internet Explorer、Firefox、Safari、Chromeなど
サーバ側OS Red Hat Enterprise Linux
Windows Server
サーバ側対応プロセッサ Xeon1.8GHz以上推奨
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 ・対応データベース
-PowerGres(製品にバンドル)
-Oracle10g以降

価格情報

WisePoint Authenticator:20万円/100ユーザほか
※税別

掲載企業

ファルコンシステムコンサルティング株式会社
URL:http://www.falconsc.com/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「WisePoint」シリーズ製品カタログ(2.1MB)
認証強化を実現する「WisePoint」をはじめ、関連サービス「WisePoint Authenticator」「WisePoint Shibboleth」の製品カタログ。
九州大学:産学連携共同開発でシボレス・マトリックス認証導入(1MB)
シボレス認証に対応した「WisePoint Shibboleth」を九州大学と共同開発。マトリックス認証が必要なシステムと、それ以外のシステムを切り分けて認証可能に。
「WisePoint」導入事例:地域医療振興協会(280KB)
提携クリニックとの病診連携を実現した地域医療振興協会の「WisePoint」導入事例。
「WisePoint Authenticator」導入事例:富山県の市民病院(294KB)
電子カルテシステムの病診共有をセキュアなかたちで実現した富山県の市民病院の「WisePoint Authenticator」導入事例。
「WisePoint Authenticator+Juniper」で外出先から安全にアクセス(293KB)
「JuniperMAG」シリーズ「JunosPulse」ゲートウェイと「WisePoint Authenticator」の連携フロー、iPhone/iPadからVPNで社内LANへアクセスする際の認証強化について。
クラウド対応認証セキュリティ製品「WisePoint Shibboleth」(828KB)
「WisePoint Shibboleth」と「Account@Adapter」連携ソリューションでクラウドサービスと学内ネットワークのシングルサインオンを実現。