製品資料

トレンドマイクロ株式会社

トレンドマイクロ株式会社

「インダストリー4.0」でリスクが増加? 製造業に今必要なセキュリティ対策は

「インダストリー4.0」の波は、製造現場にデジタルトランスフォーメーションをもたらす一方で、製造プロセスへのリスクも増加させている。IT、OT、知的財産などそれぞれにおける脅威と対策を解説する。

要約

 製造業の現場には今、「インダストリー4.0」と呼ばれるデジタル変革の波が押し寄せている。IoTや機械学習、ビッグデータ分析といった最新テクノロジーを駆使し、ITやOT、知的財産を集約した「スマートファクトリー」がもたらす相互接続性は、製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを促進するといわれている。

 その一方で、セキュリティ面では新たな課題が顕在化しつつある。ITネットワークとOTネットワークの融合は、脆弱性を持つ恐れのあるデバイスの侵入を容易に許してしまう。また、マクロやスクリプト実行機能を持つ文書/設計ファイル形式で保存された知的財産が、マルウェアの脅威をもたらすこともある。しかし、製造業においては安全な慣習と実装のための仕様やガイドラインが、いまだに存在しないのも現状だ。

 本コンテンツはこのように、スマートファクトリー化した製造現場において、IT/OTネットワーク、知的財産それぞれで考えられるリスクや、セキュリティ侵害が及ぼす業務への影響を解説する。それらを踏まえ、製造業が検討すべきセキュリティの基本原則や推奨される対策を紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

アンケート