製品資料

Dell Boomi

Dell Boomi

ローコード開発でニーズと効率性を両立、モバイルやクラウドへの拡張も容易に

ワークフローアプリケーションは多様なシーンで必要とされているが、求められる機能を正攻法で開発するのは負担が大きい。そこで注目されるのが、既存アプリケーションやクラウドと容易に連携できるローコード開発プラットフォームだ。

要約

 ユーザーのニーズに沿った業務アプリケーションを開発する上で、複雑なプログラミングの要らないローコード開発の効果は大きい。バックオフィス業務、ビジネスパートナーとの提携、顧客へのサービス提供などの多様なビジネスシーンで、そうしたアプリケーションの提供が期待されている。

 特にニーズが高いのがワークフローベースのビジネスアプリケーションだ。生産性向上に欠かせないワークフローをアプリケーションとして迅速に整備できるだけでなく、ビジネスプロセスから手作業の煩雑さを排除し、場所を選ばずユーザーや顧客との連携を可能にする。ローコード開発プラットフォームによっては、既存のアプリケーションやクラウドサービスとの連携も容易になるため、業務効率や管理効率の向上も期待できる。

 本資料で紹介する開発プラットフォームは、これらのニーズに加え、Salesforce.comのChatterやSlackなどのクラウドツールと連携し、ワークフローをフォローできる他、API重視のHTML5フレームワークを採用することでニーズに適合したアプリケーション開発を容易にしている。従来のローコード開発に感じた不満を解消しつつ、そのメリットを享受できるだろう。

アンケート