製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

仮想デスクトップインフラをモダナイズ、AWS移行で得られる効果とは?

仮想デスクトップインフラをAWS上に展開することで、企業はさまざまなハイブリッド機能を迅速に配信できるようになる。統合されたデスクトップとアプリケーションがもたらすビジネスメリットについて、具体的に解説する。

要約

仮想デスクトップインフラをモダナイズ、AWS移行で得られる効果とは?

 近年、世界中の企業が業務環境のモダン化に取り組んでいるが、その流れの中でデバイスの多様化とアプリケーションの増加も急速に進んでいる。こうした状況は、運用負荷はもちろん、コスト、セキュリティ、コンプライアンスにまたがる問題となりかねず、早急に改善策を打ちたい。

 その方法の1つが、仮想デスクトップインフラ(VDI)をアマゾン ウェブ サービス (AWS)に展開することだ。VMware Cloud on AWSは仮想化製品と連携しているため、仮想デスクトップとアプリケーションを修正することなくクラウドに拡張できる。AWSの多数のツールにより管理業務も効率化され、VDIワークロードの保存先もオンプレミス/クラウドで柔軟に選択可能となる。さらにデータの保存と検索の加速も期待できる。

 VDI環境を最新のオープンアーキテクチャでモダナイズすることは、自社環境の選択肢を広げることにもつながる。本資料では、仮想デスクトップやアプリケーションの今後を見据え、AWSに移行するメリットを解説している。オンプレミスへの投資を無駄なく活用できる点も魅力だ。

アンケート