製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ダウンタイムはほぼゼロ、Microsoft SQL Serverクラウド移行の最適解とは?

ミッションクリティカルなワークロードのクラウド移行では、オンプレミス環境とのインフラコンポーネントの設計の違いが課題となる。Microsoft SQL Serverの場合は、AWSへシームレスに移行できるソリューションが有効な対策となる。

要約

ダウンタイムはほぼゼロ、Microsoft SQL Serverクラウド移行の最適解とは?

 データセンターやハードウェアなどへの投資削減が課題となる中、クラウドへの移行を検討する企業が増えている。しかし、従来のオンプレミス環境とクラウド環境では、インフラコンポーネントの設計が異なることも多く、ミッションクリティカルなワークロードの迅速な移行は容易ではない。

 多くの企業が採用しているMicrosoft SQL Serverの場合は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)へシームレスに移行できるソリューションが有効な対策となる。VMware Cloud on AWSは仮想マシンをダウンタイムなしで移行可能で、VMwareのツールとプロセスも引き続き利用できる。またIPアドレス変更などの調整なしで、ハイブリッドクラウドモデルによる運用と、ネイティブAWSサービスによるデータベース環境の最適化も実現できる。

 さらに、インフラやファームウェアのパッチ、ハードウェア稼働時間や電源の管理、冷却、データセンターにおける物理的なセキュリティ管理が不要になるため、コスト削減にも大きく貢献する。Microsoft SQL Server環境のモダナイゼーションと管理プロセスの改善に有効な同ソリューションの実力を、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート