ユーザー構築型ワークフロー「WebPerformerWf」

ユーザー構築型ワークフロー「WebPerformerWf」

自社のルールに合ったワークフローシステムをGUIで簡単構築

  • 他システム連携
  • 帳票管理
  • ワークフロー機能

多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。
申請書・稟議書などを簡単に電子化し、ワークフローと周辺システムの連携することにより、業務を効率化できる。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

WebPerformerWf 製品カタログ(3.28MB)
WebPerformerWfの特長や主要機能、稼働環境を記載した製品カタログです。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(日本ドライケミカル株式会社)(1.23MB)
基幹システムからリアルタイムでワークフローを起案。購買発注と決裁処理の連動により業務統制を実現。※資料内に記載の「Web Plant」は「Web PerformerWf」の旧製品名称。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(東芝ライテック株式会社)(2.52MB)
企業統合で待ったなしのシステム整備が迫られる中、ワークフローをスピード開発。運用費用の大幅な削減も実現した。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(新生テクノス株式会社)(2.13MB)
ユーザー部門も参加し業務フローを電子化。立案・承認業務のスピードと品質が向上した。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(科研製薬株式会社)(1.41MB)
WebPerformerとワークフローオプションで、老朽化したメインフレームを短期間にSAPをコアとしたシステムに移行。経費精算ワークフローの電子化も実現。

多様な業務ニーズに「きめ細かく」「柔軟に」応える

<WebPerformerWfの特長>

(1)多機能な帳票フォーム・複雑なフローも、GUIで簡単開発
●帳票フォームの作成
帳票フォームでは、自動計算、書込制御、表示切換え、データベース連携など、豊富な機能を自在に実現できる。
●フローの設計
多様で複雑なフローも、アイコン操作で設定できます。業務プロセスの見える化をサポートし、企業風土に合致したワークフローを構築できる。

(2)バージョン管理機能で、メンテナンス効率大幅UP
バージョン管理機能により、新組織・業務への自動切換えができるほか、新旧バージョンの並行運用も実現できる。
また、過去に遡って、案件情報を決裁時点の組織で確認できる高いトレーサビリティーを確保できる。

(3)業務データベースや外部システムとの連携も可能
ワークフロー処理内で、業務データベースや外部システムと連携でき、利用者の操作性向上やさらなる業務拡張を実現できる。

ユーザー構築型ワークフロー「WebPerformerWf」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント 他システム連携、帳票管理、ワークフロー機能
導入実績 -

仕様

メーカー キヤノンITソリューションズ
クライアント側OS Windows 10
クライアント側対応プロセッサ 下記の環境で正常に稼働する機種
クライアント側必要メモリ容量 必要スペック:[メモリ]2GB以上、推奨スペック:[メモリ]4GB以上
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 ・OS: Windows10
・Webブラウザ:Internet Explorer 11/Microsoft Edge/Chrome※/Firefox※ 
・.NET環境:Microsoft .NET Framework 4.5、4.6、4.7、4.8
 その他動作環境は「その他特記事項」をご覧ください。
サーバ側OS Windows Server 2012/2012R2/2016/2019
Red Hat Enterprise Linux 7/8
CentOS 7/8
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 必要スペック:[メモリ]4GB以上、推奨スペック:[メモリ]8GB以上
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 「その他特記事項」をご参照ください。
その他特記事項 ■DBサーバ
Oracle Database 12c R1/12c R2/18c/19c
Microsoft SQL Server 2012/2014/2016/2017/2019
PostgreSQL 9.6/10.3/10.5以降/11.0以降/12.0以降/13.0以降
EDB Postgres Standard Edition (PostgreSQL 9.6/10.3/10.5以降/11.2以降)
Amazon RDS for:Oracle 19c/PostgreSQL 12.3以降/SQL Server 2017
/SQL Server 2019

■APサーバ Tomcat 8.5/9.0 WebSphere 9.0/Liberty Profile 19.0.0.3 以降 Oracle Weblogic Server 12c R2(12.2.1.x)/14c(14.1.1.x) ■Java関連(JVM) Oracle JDK 8/11 OpenJDK11 Amazon Corretto 8/11

■HTMLフォームのクライアント側稼働環境
・OS: Windows 10 /macOS 10.13/10.14/10.15
・Webブラウザ:Chrome/Firefox/Safari 12.x、13.x

※インストール版クライアントのみ

※その他、詳細は製品サイトをご覧ください
https://www.canon-its.co.jp/products/wf/env/

価格情報

スタンダードエディション(50ユーザー~):100万円~/税別
※別途保守料としてライセンス費用の15%が必要となります。

掲載企業

キヤノンITソリューションズ株式会社
URL:http://www.canon-its.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

WebPerformerWf 製品カタログ(3.28MB)
WebPerformerWfの特長や主要機能、稼働環境を記載した製品カタログです。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(日本ドライケミカル株式会社)(1.23MB)
基幹システムからリアルタイムでワークフローを起案。購買発注と決裁処理の連動により業務統制を実現。※資料内に記載の「Web Plant」は「Web PerformerWf」の旧製品名称。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(東芝ライテック株式会社)(2.52MB)
企業統合で待ったなしのシステム整備が迫られる中、ワークフローをスピード開発。運用費用の大幅な削減も実現した。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(新生テクノス株式会社)(2.13MB)
ユーザー部門も参加し業務フローを電子化。立案・承認業務のスピードと品質が向上した。
WebPerformerWf導入ユーザー事例(科研製薬株式会社)(1.41MB)
WebPerformerとワークフローオプションで、老朽化したメインフレームを短期間にSAPをコアとしたシステムに移行。経費精算ワークフローの電子化も実現。