帳票基盤ソリューション「SVF」

帳票基盤ソリューション「SVF」

「どんな帳票でも作成」「どんな環境でも利用可能」「どんな出力にも対応」の帳票基盤。さまざまな他社システムのデータを基に、各種の帳票を自由に出力、一元管理できる。

  • 外国語対応
  • 他システム連携
  • 帳票管理

「SVF」は、帳票の設計開発から運用までをカバーする総合帳票基盤。複雑な帳票やグラフィカルな帳票も容易に設計でき、さまざまな他社システムのデータと統合して帳票を出力できる。日英中など各種言語に対応する。また、各種の帳票環境を一元化して管理でき、運用負荷の軽減や証跡管理、セキュリティ対応が可能だ。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

SVF総合カタログ(5.99MB)
帳票基盤ソリューション「SVF」の製品カタログ。製品機能・特徴を紹介。

他社の各種システムのデータを基に、帳票を自由に出力、一元管理

■特長1「どんな帳票でも作成できる」

・複雑な帳票やグラフィカルな帳票も

日本固有の複雑な帳票でも、プログラミング不要で設計可能。保険設計書などのグラフィカルな帳票も作成できる。

・バーコードやグラフなどにも対応

プリンタ側にバーコードフォントがなくても、高精度に読み取れる各種バーコードを生成できる。また、グラフやチャートは、外部で画像化して貼り付けることなく、データを基にウィザードで容易に作成できる。

・既存の帳票を活用して設計可能

WordやExcelで作った帳票をそのまま読み込むか、紙の帳票をスキャナーで読み込めば、文字やけい線を自動で抽出して容易に帳票を設計できる。


■特長2「どんな環境でも利用できる」

・さまざまな上位システムと連携

ホストやオフコン、データベース、ERP、ユーザーアプリケーションなど、さまざまな他社の上位システムと連携できる。それらに格納された帳票データと、作成した帳票フォームとを統合して帳票を出力できる。

そのため、システムごとに帳票ツールを選定する必要がなく、ERPを入れ替えるなど環境が変化しても帳票運用を変えずに済む。用途に応じて拡張していくこともできる。

・グローバルでの運用に対応

日英仏中韓など各種言語で帳票を出力できる。操作画面も英語や中国語に対応し、海外拠点でも帳票を運用できる。


■特長3「どんな出力にも対応できる」

・各社プリンタから高速・高精度の印刷

汎用性の高いWindowsドライバに加え、各社プリンタのコマンド出力に対応。用途に応じた印刷環境を構築できる。

・さまざまなファイル形式で出力

1つの帳票を、PDFやExcelファイル、画像(TIFF形式)などで出力できる。暗号化や文書改ざん禁止などのセキュリティ設定も可能だ。

・帳票の再印刷や追跡/証跡管理が可能

印刷/未印刷の帳票や、ユーザー情報、プリンタ情報、運用状況などを一元的に管理できる。運用負荷の軽減などにより、大規模な帳票運用が可能になる。

関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント 外国語対応、他システム連携、帳票管理
導入実績 -

仕様

メーカー ウイングアーク1st
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 詳細な仕様についてはお問い合わせください。
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

お問い合わせください。

掲載企業

ウイングアーク1st株式会社
URL:https://www.wingarc.com/welcome/svf/chohyo/index.html

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

SVF総合カタログ(5.99MB)
帳票基盤ソリューション「SVF」の製品カタログ。製品機能・特徴を紹介。