製品資料

日本オラクル株式会社

日本オラクル株式会社

サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する?

プロジェクトの収支管理に課題を抱えている企業にとって、プロジェクト管理機能を持つERP、とりわけクラウドERPは効果的な解決策となる。収支管理を徹底するだけでなく、市場環境の急速な変化にも柔軟に対応できるようになるからだ。

要約

サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する?

 ITや広告、専門サービスなどプロジェクト・案件単位で業務を行う企業にとって、リアルタイムかつ正確なプロジェクトの収支管理は、企業競争力にも関わる経営課題だ。しかし、現実にはプロジェクト単位の収益性評価がどんぶり勘定であったり、実態の把握や赤字プロジェクトの予見などができないといった構造的問題を抱えている企業が多い。

 そこで、プロジェクトの収支管理と見える化を実現しようと企業の導入事例が増えているのが、プロジェクト管理機能を持つERPだ。収支や進捗の可視化に加え、収支が悪化している案件の早期発見、担当者別の稼働や収益状況など多様な観点から分析できるため、プロジェクト管理システムのような専門製品よりも多角的な把握が可能となる。

 また、サービス業やIT業では、市場の環境変化も速く、基幹システムには今まで以上に柔軟性が求められている。そこで本コンテンツでは、クラウド型ERPに焦点を当て、プロジェクトの正しい収支管理を実現するポイントを紹介する。どんぶり勘定から脱却し、収支管理から的確な経営判断を導くヒントが得られるだろう。

アンケート