海外輸出入の大幅な業務効率化を達成できた成功要因とは?

グローブライド

海外輸出入の大幅な業務効率化を達成できた成功要因とは?

アジア市場規模の急拡大により、手作業での業務が限界だったグローブライドでは、業務を全面的に見直し、業務効率を大幅アップすることに成功した。その成功要因を探る。

  • グローバル展開
  • 製造業
  • 営業部門・販売部門
海外輸出入の大幅な業務効率化を達成できた成功要因とは?

アジア市場規模の急拡大により、手作業での輸出入業務に限界を感じていたグローブライド。同社のフィッシング事業部では、事業部全体として業務を全面的に見直すことを決意。本社と海外販社での輸出入業務の効率を大幅アップする施策として、システムの導入に踏み切った。その結果、海外対応でも国内にほぼ遜色がない状態まで改善できた。

事例資料をダウンロード

課題

 本社システムは輸出入業務を含めてメインフレームを基本として動作していたが、営業本部では、アジア販売会社と日本本社の間を共有するシステムが存在していなかった。そのため販社から本社への発注はメール、FAXベースで、オンラインシステムに手作業で入力するというロスが生じていた。また、国内外で同一製品を扱っているにもかかわらず、在庫の一元化がシステム上で難しく、在庫の調整、有無確認に無駄な時間を要していた。

解決方法

 本社での輸出入業務、販社での発注業務を効率化するためのシステム導入を決定。必須条件としては、多言語、多通貨機能の標準装備、メインフレームと現地システムとを連携できる柔軟性、現地教育を最小限にする容易な操作性が挙げられた。事前ヒアリングも入念にかさね、同社の要望を全て満たす、コストパフォーマンスが非常に高い製品を選びとった。同製品はカスタマイズがしやすく、サーバOSとの親和性も高かった。

効果

 メール、FAXベースでの発注に比べ、業務工数が大幅に削減された。注文履歴がシステムに残されているため、ミスや漏れがあっても容易に確認でき、次の作業がスムーズに実行される。また在庫が明確に把握できたことで、海外からの注文に対するレスポンスが劇的に改善され、国内外のスピード感の差がほぼなくなったという。

 現地スタッフとの対面交流実現によるコミュニケーションの改善も、予想外のプラス効果だった。

事例概要

企業規模 大企業向け(1001名以上)
課題 グローバル展開
業種 製造業
部署 営業部門・販売部門
地域 海外
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム)

提供企業:株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

URL:https://www.pbc.co.jp/product/microsoft-dynamics-nav/