クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション 「kincone」

クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション 「kincone」

クラウド型勤怠管理・交通費精算で“見えないコスト”を大幅削減

  • スマホ対応
  • マルチデバイス
  • 他システム連携

交通系ICカードをタッチするだけで、タイムレコーダーとして出退勤情報を記録でき、同時に交通費情報も読み取り可能な、クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション。
<おすすめユーザー> 勤怠管理業務を省力化したい企業。交通費精算の業務負荷を下げたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

交通費精算がたった5分で完了!「kincone」製品紹介資料(1.2MB)
クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション「kincone」の利用イメージ、各機能の詳細、kinton連携について紹介。
現場のジレンマを解消し、業務改善を推進!「kincone」提案資料(630KB)
「少しでも成績を上げたい営業」と「作業の多いバックオフィス」の対立によって業務改善がいっこうに進まないジレンマを「kincone」が解消できる理由を解説。

クラウド型勤怠管理・交通費精算で“見えないコスト”を大幅削減

 「kincone(キンコン)」は、勤怠管理と交通費精算に掛かる労力を削減可能なクラウド型の勤怠管理・交通費精算ソリューションだ。FeliCaカードリーダーを接続したiOS端末、もしくはNFC機能付きAndroid端末へ、kinconeアプリをインストールするだけで運用開始が可能。

■出退勤時に交通系ICカードをタッチするだけで勤怠管理を実現
 出勤時と退勤時に従業員がIC定期券(Suica、PASMO、モバイルSuicaなど)をタッチするだけで、勤怠情報を登録可能。正社員やアルバイト、パートなど従業員の勤務形態に応じて、それぞれ別の就業規則を設定でき、裁量労働制やフレックスタイムにも対応したウィザード形式で簡単に設定可能。打刻時間の丸め込みや自動で休憩時間を設定するなど、細かなチューニングも行える。

■同時に交通費情報を読み取り、交通費精算も併せて効率化
 カードタッチ時に利用した交通機関情報(改札駅の入場/退場情報と運賃情報)も同時に読み取って管理できるため、交通費精算に掛かる労力を削減。
さらに訪問先もGoogleカレンダー、Outlook、サーボーズ社のGaroonの予定表と連携して自動登録する。
間違っているところを修正するだけで完了し、次回以降、kinconeが学習して正しい訪問先を登録する。
人事労務担当者はもちろんのこと、非常にシンプルな使い方で一般従業員の業務負荷についても大幅な削減が見込める。

■データはクラウドで容易に管理でき、簡易ワークフロー機能も搭載
 カードから読み込んだ出退勤・交通費情報はクラウド上で管理できる。Web画面上で指定期間ごとの一覧表示が行えるほか、業務外の移動情報の除外、打刻漏れ・打刻ミスなどの修正も可能。また、データはCSV形式で一括ダウンロードできるため、給与計算ソフトウェアなどへの読み込みも容易だ。

クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション 「kincone」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 クラウド
保守サポート 権限管理機能
サポートエリア 全国
こだわりポイント スマホ対応、マルチデバイス、他システム連携
導入実績 101~500社
  • 特典
  • 無料トライアル
  • 割引料金

▼最大2カ月間の無料トライアル
お申込み月と翌月の最大2カ月間無料トライアルをご利用いただけます。

▼年額プラン
ご利用開始初月に1年分のご利用額をまとめてお支払いいただきますと、5%割引になります。

仕様

サービス提供会社 ソウルウェア
動作環境 【対応ブラウザ】
Windows:Internet Explorer11、Edge、Chrome、Firefox
Mac OS:Safari、Chrome、Firefox
提供エリア 全国
オプションサービス -
その他サービス kintone(データ連携可能)、コラボフロー(複雑なワークフローを設定可能)
その他特記事項 -

価格情報

初期費用0円
月額200円/ユーザー(年額割引あり)
※税別 ※最低利用人数5人

掲載企業

株式会社ソウルウェア
URL:http://www.kincone.com/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

交通費精算がたった5分で完了!「kincone」製品紹介資料(1.2MB)
クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション「kincone」の利用イメージ、各機能の詳細、kinton連携について紹介。
現場のジレンマを解消し、業務改善を推進!「kincone」提案資料(630KB)
「少しでも成績を上げたい営業」と「作業の多いバックオフィス」の対立によって業務改善がいっこうに進まないジレンマを「kincone」が解消できる理由を解説。