離れた事業拠点間でのコミュニケーション活性化を実現した秘策

沖縄海邦銀行

離れた事業拠点間でのコミュニケーション活性化を実現した秘策

離れた事業拠点間での細やかな情報伝達の実現を目指した沖縄県海邦銀行。そのために同行が採用したのは、高い品質を誇るコミュニケーションツールだった。

  • コミュニケーション最適化
  • 金融業・保険業
  • その他事業部門
離れた事業拠点間でのコミュニケーション活性化を実現した秘策

沖縄県の地域金融機関である沖縄海邦銀行では、本部や離島などに点在する支店間での会議や研修にかかる時間とコストのロスが課題となっていた。そこで、Web会議・テレビ会議に対応したコミュニケーションツールを検討し導入した。地震など、有事の際に希薄となりやすい拠点間の情報伝達の有効的な手段としても活用している。

事例資料をダウンロード

課題

 沖縄海邦銀行では、その地域的な特性から、本部と離島にある遠距離の支店などとの会議、打ち合わせ、研修を行う際に非常に多くの時間と費用がかかっていた。一方、電話やメールなどの非対面コミュニケーションでは、細やかな意思伝達としては不十分と感じていた。

 さらに、熊本地震やサイバー訓練からの教訓として、有事の際に希薄となりやすい拠点間の情報伝達において有効的な仕組みの確立が必要だった。

解決方法

 Web会議・テレビ会議の導入を検討した結果、ジャパンメディアシステムのコミュニケーションツール「LiveOn」を導入した。同ツールは、離れた拠点とインターネットを通じて映像・音声のやりとりや資料の共有などを行える。従来のテレビ会議システムでは専用の高額な設備や回線などが必要なのに対し、LiveOnはインターネット回線をつないだPCやスマートフォン・タブレット端末などでも運用でき、より簡単・手軽に始められる。

効果

 LiveOn自体の操作研修をはじめ、その他の新システムの操作説明、情報セキュリティ研修や各営業店長向けのFinTechに関する勉強会などで運用している。また、出向先の行員との会議や、LiveOnを接続しての朝礼で前日までの状況を毎日報告する場面もある。品質面、直感的な操作性、機能面など圧倒的な品質の良さを実感している。行員が積極的にLiveOnを利用するようになり、新たな運用に向けさまざまなアイデアが出ている。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 コミュニケーション最適化
業種 金融業・保険業
部署 その他事業部門
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:Web会議システム「LiveOn」

提供企業:ジャパンメディアシステム株式会社

URL:https://www.liveon.ne.jp/