サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2

サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2

一斉送信だけじゃない!「対策指示」までできる安否確認サービス

一方的な配信だけなく、双方向にコミュニケーションが取れる掲示板機能を搭載。報告・確認から、その後の対策指示までが可能な安否確認サービス。
<おすすめユーザー> 災害などの緊急時に、より綿密なコミュニケーションが取れる安否確認システムを探している企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「サイボウズスタートアップス安否確認サービス2」 カタログ(2.6MB)
本サービスに搭載されたさまざまな機能や特長の詳細が分かるカタログです。

一斉送信だけじゃない!「対策指示」までできる安否確認サービス

「安否確認サービス2」の最も大きな特長と言えるのは、双方向にコミュニケーションが取れる掲示板機能を有し、報告・確認のみならず、緊急対策の議論や指示までできる点。東日本大震災と同様の大災害を想定し、メインサーバをシンガポール、バックアップサーバを日本と北米に置き、国際分散構成でリスクを低減。堅牢なインフラ基盤でサービスを提供する。

宛先を限定し、非公開な議論スペースを設ける「メッセージ」機能
緊急時だからと言って、全ての情報を公開して良いとは限らない。むしろ、緊急時だからこそ、公開・非公開を細かく行う必要がある。そのため、搭載されたメッセージ機能では、任意のユーザー同士でグループの作成が可能。非公開の議論を行なうことができる。

緊急時に対応したサーバ構成で、アクセス集中時も安心
アクセス集中時には、サーバが自動で拡張。サイボウズに完備された巨大なシステムリソースを緊急時に利用できる。 また地震発生時には、アクセスが集中する前に自動でサーバの拡張を行う機能も搭載。アクセス集中への対応は万全だ。

素早く状況把握ができる機能やSNS・スマートフォンへの通知機能も
緊急時には状況把握がまず第一。本サービスの安否状況の自動集計機能が迅速な状況把握をサポートしてくれる。一斉送信は、全社員と一部のグループのみに使い分けでき、スマートフォンアプリやSNSへの通知も可能。携帯全キャリア対応の簡単メール配信機能も装備されている。また、柔軟なアクセス権設定、プライベート連絡先の自動メンテナンス機能など管理負担を軽減する機能も数多く用意されている。

※SmaBiz!特別価格でのお見積りはこちら

サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソリューション・その他
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 サイボウズスタートアップス
サービスメニュー(提供可能な製品群) 安否確認サービス
動作環境 ◆ブラウザ
Windows Internet Explorer 8/9/10/11
Mozilla Firefox
Google Chrome
Safari 6/7
※Mozilla Firefox、Google Chromeは最新版を動作保証といたします。

iOS…Safari
Android…OSに標準搭載されているブラウザ
オプションサービス -
その他特記事項 ◆端末
Softbank Yahoo!ケータイ端末(ソフトバンク 3Gシリーズ)
docomo iモード対応端末
au EzWEB端末(CDMA 1X WIN対応)

価格情報

ライトプラン(50ユーザーパック)
年額費用:7万7520円 ※税別

掲載企業

SB C&S株式会社
URL:http://smabiz.jp/index.html

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「サイボウズスタートアップス安否確認サービス2」 カタログ(2.6MB)
本サービスに搭載されたさまざまな機能や特長の詳細が分かるカタログです。