紙ベースの顧客情報をクラウドで管理し業務スピードアップ

紙ベースの顧客情報をクラウドで管理し業務スピードアップ

ツチヤコーポレーションでは、手書きで行っていた営業日報による情報共有に課題を感じて新たに顧客管理のツールを導入。情報共有のスピードアップを実現した。

  • 業務のIT化
  • 小売業・卸売業
  • 営業部門・販売部門
紙ベースの顧客情報をクラウドで管理し業務スピードアップ

ツチヤコーポレーションでは、営業担当者が手書きの日報を提出する仕組みをとっていたが、その方法では顧客の情報が社内に共有ができないことが課題だった。そこで新たにクラウドのツールを導入したことで、顧客情報をいつでもすぐに閲覧できるようになっている。営業担当者の意識改革を促し、また情報共有に要する時間も短縮できている。

事例資料をダウンロード

課題

 ツチヤコーポレーションでは、これまで営業担当者が手書きの日報を提出する仕組みであったため、その担当者と上司しか顧客とのやりとりの内容が分からず、社内の情報共有が難しかった。こうした仕組みでは、過去にどういう情報を得ているかを把握することができず、顧客に何を提案すべきか分からないため、かつて顧客情報をカルテ化しようと試みた。しかし営業担当者が帰社後にカルテを書かなくなるなど定着にいたらなかった。

解決方法

 そこで同社では、顧客の情報を資産として会社に残しておく必要があると判断し、紙ベースでの管理でなく顧客管理ツールの導入を新たに検討。また、それを導入することで営業担当者への意識付けを促進できることも期待した。
 最終的に、場所を問わず入力や閲覧が可能なクラウド型のルートマップ作成ツールを導入し、その顧客管理機能を活用して顧客情報共有や蓄積を行うことに決定。日報の登録や検索も可能にしている。

効果

 新たなツールを導入したことで、同社では顧客のカルテを紙ベースで管理する必要がなくなり、またいつどこにいても顧客の情報が瞬時に把握できるようになった。さらに、各営業担当者の意識も高まっているという。
 役員も各営業内容を見ることがあるが、ログインすればすぐに内容を確認できるため、紙ベースの日報を見ていたときよりも、情報を入手するまでタイムラグが少なくなっている。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 業務のIT化
業種 小売業・卸売業
部署 営業部門・販売部門
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:e-マップロケーション

提供企業:株式会社アドテクニカ

URL:https://www.e-maplocation.jp/