「ミュゼプラチナム」のスピーディーな店舗展開を支えるタスク管理

ジンコーポレーション

「ミュゼプラチナム」のスピーディーな店舗展開を支えるタスク管理

脱毛サロン、「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーションは、店舗の迅速な立ち上げ行う上で、店舗開発業務の進行管理を最適化する情報共有ツールを導入した。

  • クラウドへのシステム移行
  • サービス業
  • 情報システム部門(運用系)
「ミュゼプラチナム」のスピーディーな店舗展開を支えるタスク管理

女性から大きな支持を集める脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーション。その成長を支えるのが積極的かつスピーディーな出店だ。早いときでは出店決定からわずか1カ月で店舗をオープンする。さまざまな情報のやりとりを抜け漏れなくスムーズに行う店舗開発業務にて、欠かせなかった情報共有ソリューションとは。

事例資料をダウンロード

課題

 急速に成長し、全国に脱毛サロンを展開するジンコーポレーション。従来、社内の情報インフラにはオンプレミスのグループウェアを利用していたが、短期間での従業員増加によるシステムのレスポンス低下やサーバメンテナンスの際にシステムが利用できないなど、不便を感じていた。そのために、円滑な情報共有を引き続き行いつつ、システムを止めずに快適に利用できる運用負荷の少ないグループウェアが必要であった。

解決方法

 「止まらないシステム」という点を重視し、コストや運用の手間を多方面から検討した結果、外部にシステムの運用ごと委託できるクラウド版の国産グループウェアを採用した。オンプレミスからクラウドに移行したことで、管理者は従来のシステム管理に追われずに、業務支援へ直結する企画業務に集中できるようになった。グループウェア利用ユーザーにおいても、使い勝手が変わらずに、すぐに全社展開が進んだという。

効果

 これまでメールベースで行っていた業務進行管理を、グループウェア上のタスクの状況共有機能で行うことによって、プロジェクト関係者全員が業務の進捗確認を簡単に行えるようになり、業務スピードが向上した。また、これまで業務状況のステータス管理を全員で共有しきれなかったが、そうした問題も解消した。タスクごとに相談や確認ができるので、属人化していた業務ノウハウやプロセスも可視化されるようになってきた。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 クラウドへのシステム移行
業種 サービス業
部署 情報システム部門(運用系)
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:クラウド版Garoon

提供企業:サイボウズ株式会社

URL:https://garoon.cybozu.co.jp/