タブレット活用ファイル共有クラウド SYNCNEL for Enterprise

タブレット活用ファイル共有クラウド SYNCNEL for Enterprise

スマートデバイスでドキュメントをセキュア&リアルタイムに共有

企業活動で求められる要件である「セキュリティ」「管理・監視」に重点を置いて開発された、ドキュメント・動画・画像などの情報共有を行うためのクラウドサービス。
<おすすめユーザー> スマートデバイスを用いて、よりセキュアかつリアルタイムにドキュメント・動画・画像などの情報共有を行えるようにしたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

オフラインでファイルを持ち歩く、ファイル共有クラウド(4.7MB)
iPadなどを利用する際の基本的な課題を挙げつつ、SYNCNEL for Enterpriseの導入メリット、特長、機能などを紹介。

スマートデバイスでドキュメントをセキュア&リアルタイムに共有

 SYNCNEL for Enterpriseは、スマートデバイスにファイルを安全に配信・管理し、活用を促進するクラウドサービスだ。「セキュリティと使いやすさのバランス」にこだわり、ドキュメント・動画・画像などの情報共有をリアルタイムで行うことができるセキュアな環境を提供し、iPhone/iPadなどを企業で安全かつ便利に活用できるようにする。

セキュアかつ容易な運用
 2011年2月の登場時からセキュリティを重視するサービスとして提供。独自のソフトワイプ機能をはじめ、どんな組織のセキュリティポリシーにも適合する柔軟な設定、ストレージ領域/グループ/ユーザーの3段構成で配信ルールを細かく制御、グループごとでの各ストレージ領域への読み書き権限の個別設定、ダウンロードしたファイルをオフライン閲覧可能な期間の指定、デバイスのアクセス制限など、セキュアであるとはどういうことかを熟考した上で作り込まれた数々の機能を備えている。また、管理部門の担当者の負荷がなるべく少なくなるように設計されており、さまざまな運用支援ツールを無償で提供することで、管理者にも優しいサービスとなっている。

使いやすいアプリで、幅広く活用
 SYNCNELの専用アプリはマニュアルを必要とせず、誰でも使いこなせるように作られている。これは同時に、管理部門におけるエンドユーザーサポートの時間コストを最小化できることも意味する。また、単なるファイル共有サービスではなく、イントラネットのシステムやファイルサーバとの連携も可能。営業で使うカタログやフィールドエンジニアが使うマニュアルなどのドキュメント電子化をはじめ、高度なデザインカスタマイズ機能を活用したオリジナルカタログアプリの制作、サイネージ用途や教育用途の動画ファイル配布、ペーパレス会議への活用(資料の切り替えやページのめくりの同期で進行を効率化)など、さまざまな用途に対応可能だ。

タブレット活用ファイル共有クラウド SYNCNEL for Enterprise
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 クラウド
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 富士ソフト
動作環境 iOS 5.0.1以上対応のSYNCNEL Classic、iOS 7.0以上対応のSYNCNEL for iOSの2つのクライアントアプリを用意
提供エリア -
オプションサービス -
その他サービス -
その他特記事項 【管理画面】
IE 9以上、Safari 6.0以上、Chrome/Firefoxは最新版をサポート(Windows XPのサポート切れを受け、IE8のサポートは終了)
※Microsoft Edgeについては動作確認中

価格情報

タイプA:50デバイスまで利用可
月額:3万円 年額:30万円
タイプB:10デバイスまで利用可
月額:1万2000円 年額:12万円
※税別

掲載企業

SB C&S株式会社
URL:http://smabiz.jp/index.html

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

オフラインでファイルを持ち歩く、ファイル共有クラウド(4.7MB)
iPadなどを利用する際の基本的な課題を挙げつつ、SYNCNEL for Enterpriseの導入メリット、特長、機能などを紹介。