事例

ドキュサイン・ジャパン株式会社

ドキュサイン・ジャパン株式会社

電子署名を顧客に受け入れてもらうには? 不動産業の事例に学ぶ運用の秘訣

契約プロセスを効率化するツールとして「電子署名」が注目されているが、その運用に当たっては、顧客側の理解を得ることが不可欠だ。電子署名の導入で大きな成果を上げている企業の事例を基に、ツール運用のポイントを探る。

要約

 契約締結のスピードアップやバックオフィス業務の効率化を目的に、電子署名ツールを導入する企業が増えている。福岡市内を中心に、不動産事業や駐車場の管理運営を展開するセイワ地研もその1社だ。同社では現在、約250カ所ある月極駐車場のうち約7割で電子署名を活用し、申し込み受付などをデジタル化している。

 その電子署名ツールの運用では、「顧客にどこまでメリットを説明できるか」がポイントだと語る同社。受付担当者それぞれが電子署名に関するスキルや理解度を一定に保ち、来店する手間なく駐車場の利用をすぐに始められるという利点をうまく伝えることで、顧客にもスムーズに受け入れられているという。

 また同社自身にとっても、それまでは平均で2週間かかっていた契約期間を3日間に短縮できたことが大きなメリットとなった。この他にも、文書管理業務の効率化や売り上げの向上など、さまざまな効果を得たという同社の電子サイン導入事例をさらに詳しく見ていこう。

アンケート