事例

ドキュサイン・ジャパン株式会社

ドキュサイン・ジャパン株式会社

実際にどれだけ節約できる? 人材ビジネス企業に見る「電子サイン」の導入効果

人材リクルート市場における紙ベースのやりとりによって、企業と求職者は実に多くの費用と時間を無駄にしている。世界的な人材リクルート企業であるランスタッドは、これらの無駄をどのように削減したのだろうか。

要約

 人材リクルート市場において、企業と求職者は実に多くの書類を作成し、やりとりする。これらの書類に投じる年間のコストは、多くの企業にとって無視できないほど大きく、経費削減の取り組みが強く求められている。他方の求職者はどうかといえば、企業が用意した大量の紙文書に不便さを感じているのが実情だ。

 そのため、この業務領域をペーパーレス化することは、経費削減や業務の効率化だけでなく、求職者の体験を高める上でも重要となる。この観点から、これまで紙ベースで行ってきたプロセスをデジタル化したのが、世界的な人材リクルート企業であるランスタッドだ。

 同社は、そのカギとなるソリューションとして、従業員と求職者の双方が恩恵を得られる「電子サイン」に注目。オーストラリアでの成功を受け、各国へと導入を広げている。それでは、同社はこの取り組みを通じて、どれだけの紙と経費、業務時間を節約できたのだろうか。同社が選んだ手法と、その効果をぜひ確認してもらいたい。

アンケート