Commvault Complete バックアップ & リカバリ

Commvault Complete バックアップ & リカバリ

ハイブリッドIT環境を完全に網羅するデータ保護ソリューション

Commvault(コムボルト)は、オンプレからクラウド上のワークロードまで、物理環境から仮想環境まで、サーバからクライアントPCまで、データがどこにあっても1つの製品で完全に網羅できるデータ保護ソリューション。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

バックアップは変化しています。準備はできていますか?(747KB)
バックアップはこの10年で大きく変わり、単にオンプレのサーバをテープへバックアップすればよいという時代は終わりました。今日必要な5つのバックアップ要件を解説します。
クラウド データ管理戦略を策定するための5つのステップ(846KB)
クラウド データ管理戦略において考慮するべき5つの主要な要素と共に、自社のITチームやビジネスに対して尋ねるべき質問を解説します。
Commvault Complete Backup & Recovery 製品カタログ(332KB)
1つの製品で、オンプレミスからクラウドまで、データがどこにあっても完全に網羅できるバックアップ/リカバリソリューションを紹介します。
仮想マシン バックアップの導入事例 - Sony Network Communications(171KB)
1週間掛かっていた2,000台の仮想マシンのバックアップ時間を1/3に短縮。また、バックアップデータ容量も86%の重複排除率で1/5に削減しました。
ディザスタリカバリ導入事例 - NTTデータ グループ(331KB)
Commvaultのバックアップデータを重複排除したまま遠隔サイトにコピーする仕組みで、ネットワークを増強せずに、ネットワーク回線越しの遠隔地バックアップを実現しました。
エンドポイントバックアップ事例 - NECソリューションイノベータ(204KB)
VDI環境に移行した数万台規模のWindows 10 クライアントのバックアップ基盤と運用に掛かる総コストを77%削減しました。

オンプレからクラウドまでデータがどこにあってもバックアップ

■ハイブリッドIT、マルチクラウド バックアップ
オンプレからクラウドへのバックアップ、クラウドからオンプレへのバックアップ、クラウド内でのバックアップ、クラウド間でのバックアップなど、データがどこにあっても包括的なデータ保護ソリューションを提供。オンプレとクラウドで一貫性のあるSLA(サービス レベル アグリーメント)と管理ポリシーを適用。

■アプリケーション/データベースのバックアップ
Oracle、Microsoft SQL Server、SAP/SAP HANA他のデータベースから、Hadoop他の分散アプリケーションまで、さまざまなデータのバックアップに対応。ワークロードのクラウド移行も可能。

■仮想マシンのバックアップ
オンプレの仮想マシンだけでなく、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、Oracle Cloud Infrastructure他さまざまなクラウド上の仮想マシンもバックアップ対象とし、クラウド上に保存することも、オンプレに保存することも可能。

■エンドポイント(ノートPC、デスクトップ)のバックアップ
ノートPCやデスクトップをバックアップし、バックアップした自分のデータへいつでもどこからでもアクセスし、セルフサービスでリストアすることが可能。バックアップはユーザーが意識することなく実行される。ランサムウェア等による被害が発生しても復旧するためのデータ確保が容易。

■ディザスタ リカバリ(DR)
重複排除フォーマットを維持したまま差分データのみを、クラウドやデータセンターなどにある次階層のストレージへデータをコピーすることが可能。余計なCPU/ネットワーク/ストレージ リソースを消費することなく、効率的で現実的なDRソリューションを実現。

Commvault Complete バックアップ & リカバリ
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー Commvault
クライアント側OS ●Backup Agent:AIX、FreeBSD、HP-UX、Linux、Mac、Solaris、Windowsほか
※上記Backup Agent以外にも、Archive、Replication、仮想化ほか、多数のAgentを用意
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 下記アプリケーション/データベースのバックアップに対応
●データベース: DB2、Informix、Microsoft SQL Server、MySQL、Oracle、PostgreSQL、SAP、SAP HANA、Sybaseほか
●アプリケーション: Active Directory、Lotus Notes、Microsoft Exchange、Microsoft SharePointほか
●分散アプリケーション: MongoDB、Cassandra、Greenplum、Hadoop、IBM Spectrum Scale

※対応OSの詳細については下記サイトも参照
●Backup Agent
http://documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=landing_pages/c_backup_agents.htm
●CommServe
http://documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=system_requirements/commserve.htm
●Media Agent
http://documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=system_requirements/ma.htm
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS ●CommServe:Windows
Commvaultの統合管理サーバ
●Media Agents:AIX、HP-UX、Linux、Solaris、Windows
ストレージデバイスへデータを書き込むサーバ
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

標準ライセンス価格28万8000円〜
※最小構成/税別

掲載企業

Commvault Systems Japan
URL:http://www.commvault.co.jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

バックアップは変化しています。準備はできていますか?(747KB)
バックアップはこの10年で大きく変わり、単にオンプレのサーバをテープへバックアップすればよいという時代は終わりました。今日必要な5つのバックアップ要件を解説します。
クラウド データ管理戦略を策定するための5つのステップ(846KB)
クラウド データ管理戦略において考慮するべき5つの主要な要素と共に、自社のITチームやビジネスに対して尋ねるべき質問を解説します。
Commvault Complete Backup & Recovery 製品カタログ(332KB)
1つの製品で、オンプレミスからクラウドまで、データがどこにあっても完全に網羅できるバックアップ/リカバリソリューションを紹介します。
仮想マシン バックアップの導入事例 - Sony Network Communications(171KB)
1週間掛かっていた2,000台の仮想マシンのバックアップ時間を1/3に短縮。また、バックアップデータ容量も86%の重複排除率で1/5に削減しました。
ディザスタリカバリ導入事例 - NTTデータ グループ(331KB)
Commvaultのバックアップデータを重複排除したまま遠隔サイトにコピーする仕組みで、ネットワークを増強せずに、ネットワーク回線越しの遠隔地バックアップを実現しました。
エンドポイントバックアップ事例 - NECソリューションイノベータ(204KB)
VDI環境に移行した数万台規模のWindows 10 クライアントのバックアップ基盤と運用に掛かる総コストを77%削減しました。