製品資料

Veeam Software Japan 株式会社

Veeam Software Japan 株式会社

AWSとオンプレミス間の移動を容易に――「クラウドモビリティ」のススメ

AWSなどクラウド活用も広がる中、オンプレミスやクラウドをまたがって柔軟にワークロードを移行・管理できることが重要だ。そこで役立つのが、マルチクラウドでのデータやワークロードの柔軟な行き来や管理・運用できるソリューションだ。

要約

 AWSなどクラウドの活用が進んでいるが、実際にオンプレミスからクラウドへシステムなどを移行したくとも一筋縄ではいかないケースも多い。逆にクラウド環境でシステム運用している企業でも、オンプレミスが不要ではなく、オンプレミスへ戻したくとも困難が多い。クラウドネイティブな環境とオンプレミスの間には、設計、構築から運用までの多岐にわたって、それぞれの要件が適用できないという高い壁があるためだ。

 この環境の違いを吸収し、マルチクラウドでのワークロードの移行や、データの管理の実現手法を紹介するのが本資料だ。特に、AWS環境下でそのようなニーズを満たすことができるソリューションを紹介している。具体的な仕組みとしては、Amazon EC2のインスタンスやワークロードのバックアップを行い、それをオンプレミスやAmazon EC2へだけではなく他クラウドに簡単にリストアできる。

 また本ソリューションであれば、リカバリーも柔軟に行えるので、Amazon EC2のインスタンスについても、ファイル単位で簡単にどこでもリカバリーできる。クラウドとオンプレミスを柔軟に活用できる「クラウドモビリティ」のコンセプトが実現可能だ。

アンケート