製品資料

株式会社ミロク情報サービス

株式会社ミロク情報サービス

確実・効率的にバックアップするための「3-2-1ルール」をどう実現するか

いついかなるときもビジネスを止めないためには、確実なデータバックアップ環境を整備する必要がある。そこでポイントとなるのがバックアップの鉄則「3-2-1」だ。どのように環境を構築すればよいか、具体的に解説する。

要約

 業務データを取り巻く環境には、ハードウェア障害、マルウェアなどのサイバー攻撃、自然災害など、データ消失につながるさまざまな危険が潜んでいる。万が一の危険からデータを守るバックアップ環境の構築は企業にとって重要な課題だ。このバックアップの鉄則といわれるのが「3-2-1ルール」だ。

 データはオリジナルを含め「3つ」以上のデータを確保すること、記録メディアは「2種類」以上を使うこと、データの「1つ」は遠隔地に保存することがポイントとなる。そのためにはイメージバックアップを簡単かつ迅速に行えるバックアップソフト、大容量のストレージ、オンラインストレージサービスを組み合わせるのが望ましい。

 本資料では、確実なバックアップ環境を構成するための多様な製品を紹介している。データ保護関連ソリューションを活用することで、テレワークを導入し、働き方改革を進める環境も整う。本資料を参考にIT環境を安全かつ便利にし、万が一の備えと自社環境の改革を実現してほしい。

アンケート