製品資料

arcserve Japan合同会社

arcserve Japan合同会社

今の環境で十分? クラウドファースト時代のBCP/DRソリューションの選び方

クラウドファースト時代では、どのようなクラウドサービスを選択し活用するかは企業にとって重要な課題である。このことは、バックアップやリカバリー環境を構築する上でも同じこと。クラウド選択の課題を解決するための最適解を探った。

要約

 ここ数年、情報システムの構築や移行においてクラウドの活用を最優先に検討するクラウドファーストの考え方がスタンダードとなってきた。事業継続(BCP)や災害復旧(DR)の視点から、特にバックアップやリカバリーの環境構築では、これが顕著だ。企業へのアンケート調査の結果でも、こうした傾向が如実に伺える。

 しかしながら、実際のクラウドサービス導入で企業はさまざまな課題を抱えている。例えば、コスト削減を目的にクラウド導入に踏み切ったが、複雑な課金体系でコストメリットが見えにくい。あるいは、増加の一途をたどるデータ量に比例して万一の場合にリストア時間がかかり過ぎる。さらには、サポート面も含めた信頼性に不安を抱えている。いずれも、BCP/DR対策としてクラウドを活用する上で重要なポイントばかり。このため導入にあたっては、これら課題を解決できるサービスを選ぶことが必要だ。

 本資料は、クラウドサービスに対する企業意識を知る参考になると共に、BCP/DR向けでは何をポイントにクラウドサービスを選べばよいのか、最適解は何か? これらを知る上での指針となるはずだ。

アンケート