レポート

SAS Institute Japan株式会社

SAS Institute Japan株式会社

データの“信頼性”が価値をもたらす、調査で見えたアナリティクス実践のヒント

アナリティクスやAIの価値を最大化するには、データの“信頼性”を高めることが欠かせない。2000人以上を対象にしたグローバル調査の結果を基に、データアナリティクス実践に必要なポイントを解説する。

要約

 アナリティクスやAIといったテクノロジーの価値を最大化するには、データの“信頼性”を高めることが不可欠となる。データの収集から保管、適用はもちろん、インサイトが得られた後に至るまで、データ管理における注意事項を全社員が理解しておくことで、初めて適切な意思決定への活用が可能になる。

 具体的には、分析結果のみを目的とするのではなく、データガバナンスへの取り組みや、GDPRなどのデータ保護規制への対応にAIやアナリティクスを適用させて顧客の信頼性を得ることが重要になる。さらに、従業員のデータリテラシーを高め、組織内にデータ主導型の文化を育むことは、イノベーションの推進にもつながっていく。

 本資料では、2000人以上のビジネスリーダーやマネジャーを対象に実施したグローバル調査の結果を基に、データアナリティクスを実践するためのポイントを考察する。医療/製造/金融など、さまざまな業界における専門家へのインタビューも掲載されているので、ぜひ一読してほしい。

アンケート