Webキャスト

日本オラクル株式会社

日本オラクル株式会社

動画で解説:AIで誰もがデータ保守運用と洞察に富んだ視覚化を実現する時代とは

データ活用は、IT部門にもビジネス部門にも負担の重いミッションだと思われがちだ。実際、データ分析には手作業のタスクが多い。機械学習を活用し、データベースの運用・セキュリティ・管理を一挙に自動化・効率化したい。

要約

 ビジネスチームにおけるITの役割、とりわけデータの重要性は大きくなる一方だ。グローバルな総合コンサルティング企業によれば、2020年頃には財務・会計部門における労働時間の75%をデータ分析が占めると予測されている。こうしたデータドリブンかつ適切な判断を下すには、信頼性の高いデータとプラットフォームが必要だ。

 特にカギとなるのが、機械学習によりプロセスを自動化する、自律型のデータベースだ。ワークロードの変化に適応できるため、必要なインデックスを自動的に生成してアプリケーションを高速化。機械学習のアルゴリズムは、セキュリティ面でも効果を発揮し、普段と異なるアクセスパターンを可視化し、悪意あるアクセスを遮断する。

 さらにシステムの異常に際しても、その挙動と過去の事例を比較し、解決策を自動的に適用するため、管理面の負担も大きく軽減される。本Webキャストでは、こうした次世代データベースの特長を解説する。併せて紹介されている航空会社での活用事例では、専門的なDBAスキルなしに、洞察に富んだ視覚化を実現する機能を確かめることができる。

アンケート