ビッグデータ利活用基盤ソリューション 「Splunk Enterprise」

ビッグデータ利活用基盤ソリューション 「Splunk Enterprise」

TB単位のデータも取り込み可能!素早く簡単にデータ活用!

ビッグデータ時代のデータ活用・ログ解析ソフトウェア。大量のログを素早く簡単に解析できるデータ活用基盤。セキュリティ対策や運用、ビジネス分析など様々な分野で活躍。
<おすすめユーザー> 社内にある膨大なデータを有効に活用したいという企業。サーバー内のビッグデータを検索可能な状態で保存したい企業など。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「Splunk Enterprise」 製品リーフレット(733KB)
企業内の大量データ活用の課題を解決する「Splunk Enterprise」。その3大特長である「直感的な検索」「リアルタイム処理」「柔軟な画面カスタマイズ」が端的に分かる資料。
「Splunk Enterprise」 ご紹介資料(3.3MB)
ユーザにとっての3つの導入メリット「簡単」「スモールスタート」「そのまま業務適用」やライセンス体系・価格、様々な活用シーン、セキュリティなどが詳しく分かる資料。

TB単位のデータも取り込み可能!素早く簡単にデータ活用!

Splunkは、サーバーやネットワーク機器、業務システム、センサなどのマシンデータを収集、インデックス化することで、リアルタイムに検索、分析、可視化することが可能な企業向けビッグデータ分析ソフトウェア。セキュリティ対策やコンプライアンス対応、IT運用業務の効率向上、ビジネス分析など様々なシーンで活用できる。

■大量データでも、素早くデータ検索!
テキスト形式であれば、ログ、イベント、メッセージキューを始め、カスタムアプリケーションで出力する複数行にわたるログなど、多種多様なマシンデータの取り込みが可能。大規模検索エンジンの並列処理技術(MapReduce)がベースで、1日当たり数TBを越える大量データでもリアルタイムにデータ取り込みや検索ができる。

■豊富なテンプレートで、すぐに検索や解析を開始!
グラフや表、地図などの可視化はもちろん、OSやミドルウェアなどの解析テンプレートが豊富。400種類以上ある解析テンプレートは、ほとんどが無償で入手でき、すぐに業務へ適用可能。入力データの事前定義が不要で、手元にあるログやデータを取り込んで、すぐに検索や分析を始められる。

■グラフィカルなレポート機能を装備!直感的な操作で情報共有もスムーズに!
ダッシュボードエディタを利用することで、各ユーザが使いやすいようにダッシュボードをカスタマイズできる。ドラッグ&ドロップの直感的な操作だけで、データや複数のグラフを統合して表示することも可能。複数のデータ間の相関分析、過去のデータとのヒストリカル分析もでき、部門間のビジネス情報共有をスムーズに行うことができる。

■リアルタイムでモニタリングも可能!自動通知など便利な機能も!
大量データの検索・可視化だけでなく、リアルタイムでデータを解析し、様々な閾値や条件に従って特定のイベントを発生させることもできる。メールでの自動通知、スクリプトの実行、SNMPトラップの送信などが可能だ。

ビッグデータ利活用基盤ソリューション 「Splunk Enterprise」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー Splunk
クライアント側OS Windows 7/8、Windows Server 2003/2008/2012
Max OS X 10.7/10.8/10.9
Solaris 10/11 ほか
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Firefox 10.x及び最新版
Internet Explorer 7/8/9/10
Safari (最新版)
Chrome (最新版)
サーバ側OS Windows 7/8、Windows Server 2003/2008/2012
Max OS X 10.7/10.8/10.9
Solaris 10/11 ほか
サーバ側対応プロセッサ 【インデックスサーバ】
非Windows:
 1×1.4GHz(最小)
 2×6コア 2GHz(推奨)
Windows:
 1×2.0GHz(最小)
 2×6コア 2GHz(推奨)

【フォワーダ】
 1×1.0GHz(最小)
 デュアルコア 1.5GHz(推奨)
サーバ側必要メモリ容量 【インデックスサーバ】
非Windows:
 1GB(最小)
 12GB(推奨)
Windows:
 2GB(最小)
 12GB(推奨)

【フォワーダ】
 512MB(最小)
 1GB(推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

オープン価格

掲載企業

株式会社日立ソリューションズ
URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「Splunk Enterprise」 製品リーフレット(733KB)
企業内の大量データ活用の課題を解決する「Splunk Enterprise」。その3大特長である「直感的な検索」「リアルタイム処理」「柔軟な画面カスタマイズ」が端的に分かる資料。
「Splunk Enterprise」 ご紹介資料(3.3MB)
ユーザにとっての3つの導入メリット「簡単」「スモールスタート」「そのまま業務適用」やライセンス体系・価格、様々な活用シーン、セキュリティなどが詳しく分かる資料。