製品資料

Tableau Software

Tableau Software

ハードルの上がるビッグデータ分析、AirbnbやNetflixが利用する分析ツールは?

ビッグデータはますます複雑化し、組織が効果的な収集・処理・分析をするハードルも上がっている。データ形式も多様化し、それらを活用するコネクターの重要性が高まった。ビッグデータ分析ツールに求められる要件を多角的に明らかにする。

要約

 いまやデータはどこにでもあり、分析の需要も広がっている。構造化データ、半構造化データやオブジェクトストレージ、生の非構造化データなどを含むビッグデータからインサイトを引き出したい。

 このためビッグデータ分析ツールへのハードルは上がっている。Webトラフィック、データベース内のレコード、ログファイルなどを問わず、多様なデータソースを利用でき、大規模または複雑なデータセットでも迅速に分析できることが求められる。インタラクティブにデータを視覚化し、ビジネスユーザーがスキルレベルを問わずにセルフサービスで、インサイトを引き出せる環境が望ましい。

 ただ、ビッグデータ分析のアーキテクチャに唯一の正解はない。大手クラウドサービスはもちろん、AirbnbやNetflixなどの企業はそれぞれ異なるデータパイプラインを構成している。これら成功している企業のアーキテクチャを見ると、6つの共通パターンがあるという。本資料では、ビッグデータ分析における注意点を解説するとともに、ナレッジワーカーのニーズにかなう分析ツールの要件を明らかにする。

アンケート