技術文書

インフォマティカ・ジャパン株式会社

インフォマティカ・ジャパン株式会社

ビッグデータ活用に向けたPoCはなぜ失敗するのか、教訓から学ぶPoC成功の方程式

今やビジネスにおける浮沈の鍵を握るのは、紛れもなくデータだ。ただ、新ビジネスを創出すべくビッグデータ活用のPoCに取り組む企業は多いが、その失敗率も高い。失敗原因を把握し、その教訓を成功のための道しるべとしたい。

要約

 UberやAirbnbといった、世界を席巻する組織には共通項がある。それが、ビッグデータを背景にしたスマートなオペレーションを実践していることだ。だが、彼らのようなデータ活用は容易ではない。事実、ビッグデータ活用に取り組む組織が増え続ける一方で、プロジェクトに成功した組織はわずか27%にすぎないのが現状だ。

 その原因の多くは、事前の環境整備の不備にある。経営幹部との連携や計画・設計が不足している、要求事項を絞り込めておらずプロジェクトの途中で範囲が変更されるなどの理由から、多数のPoCが失敗に終わってきた。こうした事前の準備をしっかりした上で、取り組むべきはビッグデータ管理だ。データ管理に必要な中立性を確保するための抽象化、メタデータの活用などの管理原則を考慮することで成功率をより高めることができる。

 本資料は、ビッグデータプロジェクトのPoCを6週間という短期間で成功に導くためのガイドブックだ。事前の考慮点に加え、プロジェクトを的確に選定するポイント、その価値をどう実証するか、データ管理層をはじめビッグデータ環境を構成する3層の整備といったフェーズごとに把握すべき教訓が丁寧に解説されている。

アンケート