SAP BusinessObjects MOBILE

SAP BusinessObjects MOBILE

モバイル時代に欠かせないアプリ。意思決定のスピードが向上!

モバイルデバイスから企業データを表示/更新できるビジネスアプリケーション。BI のレポートや指標にリアルタイムでアクセスし、PCと同じBIコンテンツを利用できる。
<おすすめユーザー> 従業員が外出中でもビジネスインテリジェンス(BI)を利用できるようにして、生産性や業務効率を向上したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

【導入メリットが分かる】 SAP BusinessObjects MOBILE 紹介資料(470KB)
SAPのモバイルBIアプリ「SAP BusinessObjects MOBILE」がどんなソリューションなのかを始め、その主要機能、導入メリットなどが詳しく分かる資料です。
【モバイルでBI活用】 SAP Crystalソリューション 紹介資料 (974KB)
モバイル端末でSAP BusinessObjects MOBILEやレポートアプリを実行するためのSAP Crystalソリューションを紹介。いつでもどこでもスマートに仕事ができる環境を従業員に提供。
【モバイル化の現状】 モバイルに関するアナリティクス(市場調査)(447KB)
企業のモバイル化の状況、モバイルテクノロジーによってカスタマー・エクスペリエンスを改善できる余地はあるか?など、各種市場調査をピックアップしてまとめた資料です。

モバイル時代に欠かせないアプリ。意思決定のスピードが向上!

いつでも、どこでも、様々なモバイルデバイスから重要なビジネスインテリジェンス(BI)データに安全にアクセスできる環境を提供するのが、このSAP BusinessObjects MOBILE。SAPのBIアプリケーションのモバイル版で、高度にグローバル化され、24時間365日の対応が求められる今日のビジネス環境において、企業が競争力を維持できるよう強力に支援する。

■BIを必要な人に必要なタイミングで
経営者やマネージャが、企業ネットワークに接続していない時でも、一刻を争う意思決定を下せるようにしたい、あるいは営業担当者が、外出先でもリアルタイムの情報・洞察を活用したい場合など、SAP BusinessObjects MOBILEをインストールしたモバイルデバイスさえあれば、それらの課題を瞬時に解決。意思決定のスピード向上、顧客との関係性向上、従業員の生産性向上などが瞬く間に実現する。

■デスクトップで利用しているのと同じ使いやすさ
SAP BusinessObjects MOBILEの大きな特長の1つに挙げられるのは、その使いやすさ。キーワード検索機能を搭載し、直感的な操作だけで素早く企業情報を表示/更新できる。また、データ変更やレポート更新の通知をいつでもどこでもモバイル端末で受信することもでき、毎日デスクトップで使っているのと同じ感覚でBIコンテンツを利用できる。

■SAP BusinessObjects BIプラットフォームの機能をフル活用
SAP BusinessObjects MOBILEは、SAP BusinessObjects BIプラットフォームの機能を有効活用。既にSAP BIアプリケーションのユーザ企業なら、導入や保守の手間も最小限。更に、BIプラットフォームのセキュリティ機能に加えて、各モバイルデバイスが備えるセキュリティ機能も併用可能なので、ユーザは安全に最新のBIデータを利用することができる。

★SAP BusinessObjects MOBILEは、iOS、Android、Windows 8など、様々なモバイルデバイスで活用できる。また、ユーザサイドでカスタマイズして利用することも可能だ。

SAP BusinessObjects MOBILE
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー SAPジャパン
クライアント側OS iOS 4.0以上、Android 2.3以上、Windows Mobile 6.0以上、Windows 8、BlackBerry 5.0.0以上
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 (*1)B:Business、E:Enterprise、U:Ultimate、P:Professional、S:Standard、D:Datacenter
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS (*1)
Windows XP; P (32bit) SP2、SP3/Vista; B、E、U SP2/7; P、E、U SP1/Server 2003、2008; S、E SP2/2008 R2; S、E SP1
サーバ側対応プロセッサ Intel Core 2 Duo 2GHz 以上、または equivalent AMD
サーバ側必要メモリ容量 4GB以上
サーバ側必要ディスク容量 システムパーティション:1200MB以上
データパーティション:720MB以上
サーバ側その他動作環境 必要要件
SAP Mobile Platform 2.1(アプリケーションサーバ)
SAP NetWeaver Gateway 2.0
SAP ERP ECC600 SPS15

価格情報

お問い合わせ下さい。

掲載企業

SAPジャパン株式会社
URL:http://www.sap.com/japan/index.epx

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

【導入メリットが分かる】 SAP BusinessObjects MOBILE 紹介資料(470KB)
SAPのモバイルBIアプリ「SAP BusinessObjects MOBILE」がどんなソリューションなのかを始め、その主要機能、導入メリットなどが詳しく分かる資料です。
【モバイルでBI活用】 SAP Crystalソリューション 紹介資料 (974KB)
モバイル端末でSAP BusinessObjects MOBILEやレポートアプリを実行するためのSAP Crystalソリューションを紹介。いつでもどこでもスマートに仕事ができる環境を従業員に提供。
【モバイル化の現状】 モバイルに関するアナリティクス(市場調査)(447KB)
企業のモバイル化の状況、モバイルテクノロジーによってカスタマー・エクスペリエンスを改善できる余地はあるか?など、各種市場調査をピックアップしてまとめた資料です。